母のない子と子のない母と (小学館文庫―新撰クラシックス)

著者 :
  • 小学館
3.40
  • (0)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094042139

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦争は家族というコミュニティの根幹すらも変えてしまった。それを教えてくれた作品。旦那と子供が戦死して一人未亡人となった「おとら小母さん」。戦争で父親を亡くし、病気で母親を亡くした遺児たち。そうした「母のない子と子のない母」は、全国に五万といたことだろう。小豆島を舞台に展開される人情あふれる情景に、子供目線と大人目線の双方から、悲しくも生きていかなければならない事実への向き合い方を考えさせてくれる。

  • 小豆島などを舞台とした作品です。

  • (メモ:中等部2年のときに読了。)

  • データなしにつき転用 家のは旺文社文庫版『母のない子と子のない母と』

  • 小学校低学年には正直難しかった。だけどキヲクには残ってます。

全5件中 1 - 5件を表示

母のない子と子のない母と (小学館文庫―新撰クラシックス)のその他の作品

壺井栄の作品

ツイートする