鴨川食堂おまかせ (小学館文庫)

著者 : 柏井壽
  • 小学館 (2017年1月6日発売)
3.48
  • (7)
  • (24)
  • (37)
  • (2)
  • (1)
  • 226人登録
  • 29レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094063905

作品紹介

京都発! 旨さも温もりも大増量!

思い出の「味」、探します。
迷い人に優しい食堂は、今日も元気に営業中!
京都発ベストセラー! シリーズ最新刊!
第一話 味噌汁………………………………帰りたいのに帰れない
第二話 おにぎり……………………………果たされなかった約束
第三話 豚のしょうが焼き……………夫婦は仲良ぅせんとあかん
第四話 冷やし中華……………………夏休みとお祖母ちゃんの家
第五話 から揚げ………………………負け犬青年と消えた料理人
第六話 マカロニグラタン………すがるのは過去の思い出ばかり
板前の父と探偵の娘、トラ猫の“ひるね”がお迎えします!



【編集担当からのおすすめ情報】
連続ドラマ化もされた美味しいミステリー、シリーズ第四弾!
京都のカリスマ案内人が贈る、寂しさも辛さも吹き飛ばすハートフルストーリー!

鴨川食堂おまかせ (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お父ちゃんと娘が思い出の食を再現する、「鴨川食堂」第4弾。
    今回も、何ということは無いお馴染のメニューが並ぶが、お客さんもいろいろ、そして、料理人の人生にもいろいろあるのだと思った。
    相変わらず親子の仲の良さが微笑ましい。
    初来店時に出される「おまかせ」料理が美味しそうすぎて、悶絶。
    探し出された料理は、明日へ踏み出す背中を押す。

    第一話『味噌汁』
    父の悲しい体験から、弁護士を目指すようになった青年。
    なかなか司法試験に受からず、故郷にも帰り難く、しかし望郷の思いも募る。
    故郷を旅立った日の朝を、味噌汁とともに思い出す。

    第二話『おにぎり』
    約束のおにぎり。
    4年待ちました。
    とても哀しいが、しみじみと良かった。

    第三話『豚のしょうが焼き』
    このお客は、しょうがない豚野郎ですね!
    おっと失礼!
    すぐに怒りが態度に出てお父ちゃんに叱られる直情型のこいし、「忘れたふり」が武器の老練なおとうちゃん。
    読者はニヤリとする。

    第四話『冷やし中華』
    このお客もちょっといけすかなかった。
    久々登場の妙さんと火花を散らす。
    高齢の父親が食べたがっている冷やし中華に、複雑な過去の思い出。
    記憶の底に眠る意匠。

    第五話『から揚げ』
    仕事に行き詰って懐かしむ、青春の日のから揚げ。
    これは、食の謎が解けてからが山場だった。
    何を食べさせるか以上に大切なのは、どういう気持ちで食べさせるか。

    第六話『マカロニグラタン』
    身から出たさびで息子と会えなくなる。
    マカロニグラタンは二人の共通の思い出になったのだろうか。

  • 4巻目。いやあ、とりあえずのランチを食べてみたいものだ。でも、1万は出せんなあ~
    鴨川親子が忽那汐里と萩原健一にしか思えなくて、困ったものだ。元々のイメージは違ったのに・・・

  • 美味しそうなご飯ばかり。
    ドラマを見たせいか、イメージしやすかった。
    思い出の食を探しだすことで、その人の人生の一歩を踏み出す後押しをしてくれる。
    中には、謝った一歩を踏み出そうとしているのをただしてくれる。
    シリーズの回を重ねても、ほっこりあたたかくしてくれます。

  • 探してほしい料理、私だったら何だろうなぁと思いながら4作目も読む。ぱっと思い浮かばない私は幸せということなのかな。

    それにしても、調査・料理代はお気持ちにあう金額でって…
    私的にいちばん困ること。どのくらい振り込んでいるのだろうと野暮なことが毎回気になる(笑)

  • シリーズ4作目です。

    様々な今を生きるお客さんが探し求める、
    遠ぃ記憶にある大切な思い出の「食」を、
    元刑事の料理人の父・流と娘のこいしが、
    本人も忘れていた思い出と共に捜し出し、
    その思い出とともに食べさせてくれる、
    鴨川食堂と鴨川探偵事務所のお話です。

    作品の体も、所謂、探偵小説にある、
    依頼編と解決編の2つから構成され、
    お約束のパターンも、そのまんまで、
    それでも、状況がいろいろなので、
    各話、新しく読むことができます。

    本シリーズの作風、構成を、
    お約束と思ぅか、ワンパターンと思ぅか、
    それによって、評価も変わるでそぅが、
    ボクは、お約束と思って、安心できます。
    とは言え、やはり、4作目ともなると、
    そのお約束が崩れなぃ程度に、
    何かしらのプチ変化も欲しぃところも…。

    そんな中、既作品と比べると、
    解決編の中で、父親の流の感情や想いが、
    若干ながらも、前に出ている話もあった。
    ただ、第3話の、気を利かせた部分は、
    作品的には、うっすらと違和感も…??
    すごく微妙なところ、なんですけどね。

    でも、全体としては、変わらずいぃ感じ。

  • 今回も色んな人の色んな思い出の料理をサクッと探してきてたなあ。

    おにぎりの話し、彼女は幸せになれたのかなぁ…

    北海道在住ですがザンギにタレをかけて食べたことがないので、今度ザンタレ買ってきてみようかなぁっと思った(笑)

    2017.11.10 読了

  • いつの間にか寿司屋との仲が進展している?!

  • シリーズ4冊目もお腹が空きました。おまかせが美味しそう、と、こいしぶっきらぼう、はいつもと同じ感想です。ぶたのしょうが焼きと、からあげの依頼者への、流さんの対応は好きでした。どんな事情があっても変わらず食を探す、というスタンスでも、流さんのこういうところはいいなと思いました。さらっと出された、こいしと浩さん付き合い始めたの?みたいな描写にびっくりしました。鴨川親娘の情報、ほとんどないからなぁ。妙さんも好きなのですが。あまり、ほっとするお話でもないのですが、読んでしまうシリーズです。

  • 家を出た、あの日の味噌汁
    プロポーズのおにぎり
    未練を残す彼女の豚のしょうが焼き
    祖母の冷やし中華
    学生時代のから揚げ
    息子を想うマカロニグラタン

    流さんの作る「おまかせ」の手の込んだ繊細なお料理に対しての、依頼人が探す料理の定番ぶりに毎回ちょっと拍子抜け。
    でも、その定番料理が曲者で、どれもダタモノではないアレンジにお腹がグーとなる。
    「味噌汁三百六十五日」ほしい。。。え?そんな隠し味?
    ケイハン冷やし中華、ザンギから揚げ!
    食べたい。家で作れるかな。
    今回はこいしと流の感情がジトリと流れ出る場面もあり、よかった。
    常連さんの元気そうな姿やこいしと浩さんもいい感じでホッとしたし。

  • シリーズ4作目。普通に美味しそう。

全29件中 1 - 10件を表示

鴨川食堂おまかせ (小学館文庫)のその他の作品

鴨川食堂おまかせ Kindle版 鴨川食堂おまかせ 柏井壽

柏井壽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
柏井 壽
恩田 陸
三浦 しをん
坂木 司
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

鴨川食堂おまかせ (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする