あした世界が、 (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
4.40
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094063950

作品紹介・あらすじ

恋はいつだって、ブサイクだ。

業界大手の音楽会社に勤める主人公・吉山朗美(よしやまろみ・28)は、高校の同級生で、かつてはスーパースターだったロック歌手・絹川空哉(きぬかわそらや)が、社長からの契約解除の宣告に怒り狂い、事務所に乗り込んでくる姿を目にする。
同じ日、極度のあがり症にも関わらず、全社報告会でプレゼンテーションを任された朗美は、壇上で気を失ってしまう。
目を覚ますと、なぜか高校時代の制服を身に着けた朗美を、あの絹川空哉と、世界的ヴァイオリニストになった深山蓮(みやまれん)、そして死んだはずの父親が心配そうに見下ろしていた。
いったい、どうなってるの?

勇気が必要な方を選ばないと、人は後悔する。
恋はいつだってブサイクだ。
思わず本を抱きしめたくなる、突き抜けるラストに乞うご期待!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイムリープ。
    これは楽しく読めた。
    これは映像化されるかもなぁ。
    ポイントは、個人的には美歩かな。

  • 王道の恋愛小説だったけど、所々感動しました。。映画化されそうな雰囲気ですね!

    28歳のOLがタイムスリップして青春を過ごし、しかも才能あるイケメン2人とバンド組んで恋愛するとか最高じゃないですかー

  • 久しぶりに心が揺さぶられました。

    高校時代に戻りたいとは思わないけど、やり残したことがある気がするからなのだろうか。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1976年東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。東京三菱銀行退行後、バーテンダー、香水プランナーなどを経て、小説「シャンペイン・キャデラック」で三田文學新人賞を受賞し作家デビュー。映画「未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~」、ドラマ「レンアイカンソク」など脚本も多数手掛ける。近著に「三軒茶屋星座館」シリーズ、『あなたの明かりが消えること』『あした世界が、』など。本書は「三軒茶屋星座館」シリーズ完結編。

「2016年 『三軒茶屋星座館 秋のアンドロメダ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あした世界が、 (小学館文庫)のその他の作品

あした世界が、 Kindle版 あした世界が、 柴崎竜人

柴崎竜人の作品

ツイートする