そして8日目に愛を謳った。 (小学館文庫キャラブン!)

著者 :
  • 小学館
3.86
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094065978

作品紹介・あらすじ

世界が終わる前に探し出した、本当の自分

わたしはこの世界が嫌いだ。
そんな気持ちを誰にも知られないように、周りが期待する「わたし」らしさを装って、当たり障りのないよう生きてきた女子高生の佐伯真魚。ある日、差出人不明の手紙で校舎の屋上に呼び出された真魚は、手紙の送り主がクラスメイトの九条シキだと知って驚く。いつも暗い雰囲気を漂わせて教室の隅にいる九条。だが、目の前の九条は晴れやかな笑顔を見せている。そしてその背中には、白く大きな翼が。人畜無害だと思っていた地味な男子生徒が、実は天使を演じるイタい人種だった…? そっと引き返そうとする真魚に、九条は謎めく言葉を告げた。
「佐伯さん、聞いて。あと七日で世界が終わるんだ」
世界を滅ぼすかどうかの選択者に、真魚を選んだという自称・天使の九条。そして滅亡を避ける方法は、真魚自身をこの世界から消す、というものだった。九条の言葉を信じられない真魚だが、翌日、いつもの景色から何かが失われていることに気づいてしまう――。
世界の未来をその手に握る真魚が、最後の一週間で見つけた“答え”とは? 若者の圧倒的支持を集める沖田円が描く、感動の青春小説!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あと一週間で世界が終わる。世界が消えるか、それとも自分が消えるか。さあ、どうする?
    そんな話をクラスメイトの九条に言われる女子高生・真魚。

    あー自分だったらどうするかな。誰しも考えると思う。
    世界の終焉という壮大なスケールと日常という身近なことの絶妙な組み合わせ。
    何かの、誰かの特別になれば、大切なものができれば、無くすのが怖いから全力で嫌いになる、そのほうが楽だから。極端な考えだとは思わないのが不思議。主人公は女子高生だけれど、大人こそそんな風に思うのでは?と思わずにいられなかった。
    彼女はどう答えを出したのか。是非読んで七日間を真魚と一緒に辿ってほしい。

  • 「一日目 月曜日」
    放課後屋上に呼んだのは。
    突然世界が終わると言われても普通は変な人というレベルで済むだろうが、相手の背中から見えた物を信じるとなると話は別だよな。
    彼女の中に既にあるという答えは今の状態だと、世界を救うや誰かを助けるという選択肢は浮かんでくる気はしないな。

    「二日目 火曜日」
    よく見る景色から消えたのは。
    ふと思った事を口にした時に自分以外の全ての人間の記憶から、ある日突然誰でも知っているであろう動物の存在が消えていたら怖いだろうな。
    いくら仕事が出来て頼りがいが有り誇らしい母親だと他人に言われても、娘が寂しい想いをしているとも気付けない程コミュニュケーション不足なのは良くないのでは。

    「三日目 水曜日」
    彼女に着いて行きその先は。
    いくらなんでも彼の行動は少し強引すぎないかと思う反面、人との関わりを嫌う彼女の内側に入る為には丁度いいのかもしれないな。
    成り行きで泊まることになってしまったが、彼は人の常識を持っている様で変な所が抜けているような印象が強く見えた日だったな。

    「四日目 木曜日」
    珍しく体調を崩した時に。
    中々風邪を引かない人が目に見えて体調不良を起こしていたら、誰だって普通より倍心配するだろうし慌ててしまいそうだな。
    彼は下心も何も無しにただ彼女に着いて行ったが、彼は彼女を好きである限り嫌でも全て無しには出来ないだろうから自宅までは断るだろうな。

    「五日目 金曜日」
    風邪で弱った体は心も。
    普段は忘れていたり考えないようにしている事でも、体調を崩した事により変に考え始めてしまったり小さい事でも気になるんだろうな。
    外から聞こえた噂話は勝手な大人の推測であり、片親でも幸せである人だっているだろうし実際に血の繋がりが無い人を家族として迎えるには覚悟も必要だろうしな。

    「六日目 土曜日」
    思わず爆発した感情の波。
    いくら友人だったとしても踏み入って欲しくない話題や、簡単に触れていい話で無い事ぐらい簡単に分からないからこんな事になったのだろうな。
    彼が口にしたのは嫉妬や裏切られたという感情からだと思われるが、他人が隠していた事を逃げ場の無い人の多い場所で言うなんて有り得ないな。

    「七日目 日曜日」
    本当の自分と世界の見方。
    変わることは無いと思っていた彼女の答えは始めから間違いであり、本音は誰にも言わず閉じ込めたせいで自分でも気づかなかったのだろうな。
    彼女の事を本当に大切と思ってくれている人であれば、きっと本音を叫んだ彼女の心境や自分達の無神経さを恨み本当の彼女と向き合おうと思うだろうな。

    「八日目 月曜日」
    消えず続く変化のない日常。
    我儘な願いとも言えるかもしれないが、自分を愛してくれる人がいる事を知り世界の見方が変わった今ではこれ以上無い選択だったろうな。
    変わってない日常に見えるが、彼女が本音を隠さず接する事が出来る様になった今は以前とは全然違う世界に変わっただろうな。

  • タイトルの語感が良くて買ってみたけど、物語のスケールと主人公が釣り合っていなくて全てが薄っぺらく終わってしまった印象。オチなし山なし意味もなし

  • 世界が消えるか、自分ただ一人が消えるか。

    そんな命題を与えられたらどんな答えを出すのだろう。
    それを女子高生に与えてしまうところがいいよねえ。

    普通の女の子に究極の答えを迫るのがすごくいいと思うのです。たとえどんな世界だとしても、自分次第で良くも悪くも見え方は変わるものだと、改めて気づかされました。

    たぶん、わたしならこんな素敵な答えは出せなくて、きっと安易な答えを選んでしまいそう。

    愛を謳えるくらい、2019年の世界も綺麗なものでありますように。

    (わたしも真姫ママの唐揚げ食べたいなぁ(・∀・))

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

沖田円(おきた えん)
愛知県安城市出身・在住。代表作に『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』。『神様の願いごと』は安城市を舞台としており、同作は安城七夕まつりの公式ポスターに起用される。『きみに届け。はじまりの歌』は、同作内の作中詩を「緑黄色社会」とコラボレーションし、楽曲化された。

そして8日目に愛を謳った。 (小学館文庫キャラブン!)のその他の作品

沖田円の作品

ツイートする