派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 160
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094067194

作品紹介・あらすじ

家計簿をつけながら、生活も恋も立て直し!

「結婚したら専業主婦になって、ぼくの収入は好きに使っていいよ」――飲食店の社長だと自称していた恋人の理空也に騙され、正社員として勤めていた会社を“寿退社”してしまった藤本あすみ、28歳。理空也は姿を消し、残ったのは二人で贅沢したぶんの高額なカードの支払いだった。通帳の残高は428円。ピンチに陥ったあすみは親友の仁子に説教され、家計簿をつけることに。
とりあえず派遣会社に登録したものの、なかなか仕事は決まらない。シャンプー配りや絵画展の監視員、倉庫整理の日雇いと必死の節約で食いつなぎ、日雇い仲間のミルキーやシングルマザーの深谷、仁子に支えられながら、ようやく派遣先が決定する。そんな中、あすみは合コンで出会ったイケメン商社マンの八城からアプローチを受けるが、いまだ理空也への思いを断ち切れずにいて……
家計簿とにらめっこしながら、自分を甘やかしてばかりいたルーズな生活を立て直し始めたあすみ。人生に迷子中のアラサー女子の、仕事と恋の行方は!?
『これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~』シリーズが大人気の著者による新シリーズ!


【編集担当からのおすすめ情報】
食費を抑えるには、キャベツともやしと卵。
カップラーメンは買わずに、インスタントラーメン。
給料日前のピンチを乗り切る、節約の掟も満載です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Twitterで話題!
    家計簿をつけながら、生活も恋も立て直し!人生に迷子中のアラサー女子の、仕事と恋の行方は!?

  • 我が身を見ているようだったσ(^_^;)

  • 結婚のため仕事を辞めたはずが、彼氏がいなくなり、仕事もない。お金もない。どうすれば?というお話。あすみちゃんのダメダメさに最初絶望しましたが、でも、こんな友達がいるんだから、きっといいところがあるはず……と読み続けました。たたかえー。

全3件中 1 - 3件を表示

派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫)のその他の作品

青木祐子の作品

派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする