DASPA 吉良大介 (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.80
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094067934

作品紹介・あらすじ

警察キャリア官僚が国家の危機に立ち向かう

DASPA(ダスパ)――国家防衛安全保障会議。テロをはじめ国家の非常事態に的確に対応するため、内閣府に設置された各省庁からの選抜精鋭チーム。
吉良大介――警察庁警備局出身、要となるインテリジェンス班サブチェアマンに抜擢されたキャリア官僚。「日本をバージョンアップする」が口癖の長身イケメンのこの男、仕事はできるが女性に弱い。
DASPAのスタートを目前に控えた日、中目黒のマンションでひとりの白人男性が毒殺された。その目的は? 背後で蠢くものとは? 人気シリーズ『巡査長 真行寺弘道』とリンクする著者渾身の書き下ろし痛快エンターテインメント小説。



【編集担当からのおすすめ情報】
一度読んだら、とまらない! 話題作『エアー2.0』の著者が贈る最新書き下ろし小説。人気シリーズ「巡査長 真行寺弘道」と同時進行するもうひとつの物語がスタートします。

新シリーズ『DASPA 吉良大介』の第一作をお届けいたします。本作の主人公である吉良大介という名前に覚えのある読者もおられるかもしれません。『巡査長 真行寺弘道』シリーズの第一話で登場し、その後も折に触れて口に上っていた人物が主人公として難事件に向き合います。
真行寺が組織の束縛を嫌って気ままに振る舞うために、昇進試験を受けず、個人的な快楽の中に生きがいを見出そうとする(なかなかそうもいかないのでありますが)のに対し、吉良は積極的に組織に働きかけ、大きな仕事の中に人生の意味を求めるという対照的な人物です。しかし、両者ともに、’人間であることとは’という大きな問題意識を持ちながら、悪戦苦闘するという点では共通しているのかもしれません。
本作品で僕の小説と出会った方は是非「別の話」である『巡査長 真行寺弘道』もお手にとっていただければと存じます。真行寺シリーズの読者で、たまたまこの「あとがき」を先にパラパラとめくっておられる読者のかたは、なおいっそう本作品を楽しんでいただけることをお約束いたします。
(著者「あとがき」より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 榎本憲男『DASPA 吉良大介』小学館文庫。

    文庫書き下ろし。日本のインテリジェンスの危機をテーマに描いた警察小説。プロローグに描かれたハッキングによるサイバー・テロの物語が続くのかと思ったのだが、本編ではさらに面白いストーリーが展開する。

    通称DASPAと呼ばれる新たに発足した内閣府の国家防衛安全保障会議のメンバーに召集された警察庁警備局出身のキャリア官僚・吉良大介はインテリジェンス班サブチェアマンに抜擢される。DASPA発足の直前に中目黒のマンションでアメリカ人が殺害される。調査に乗り出した吉良はこのアメリカ人がロシアの二重スパイで神経毒により殺害されたことを掴む。事件の背後にあるものは……

    作中に『巡査長 真行寺道弘』に描かれた衆議院議員の尾関一郎の殺害事件が描かれ、ハッカーの黒木良平らしき男も吉良大介の知人として登場し、さらには真行寺道弘も登場する。あとがきには吉良大介が『巡査長 真行寺道弘』に登場していたとあったが、失念していたようだ。

    本体価格820円
    ★★★★★

  • 新シリーズにして、真行寺弘道シリーズともリンクしている作品です。尾関議員が登場していますので、時間軸としては真行寺シリーズの第一弾の頃の話しということになりますね。あとがきによれば、真行寺~のほうにも吉良が登場していたようですが、さすがに忘れてしまっていて…。

    さて、作品はというと新たに発足するDASPAのインテリジェンス班のサブチェアマンに抜擢された主人公吉良が活躍する物語で、エンタテインメント小説というべき部類のものなのですが、スパイ防止法など国際政治的な色合いの強い内容を扱っているせいか、(自分の不勉強もあり)イマイチにはピンとこない部分ありました。そのため、星の数もちょっと控えめ…。

    主人公である吉良はというと、警察官僚の中枢ともいえる立場にありながら少々ハメを外した立ち回りもあるとはいえ、やはり国を守るスタンスを貫く正統派な人物といえるでしょう。その点、真行寺と比較してしまうと、どこかおもしろみに欠ける気がいたします。女関係で失敗してしまう点は愛すべきキャラといえますが、その一方でキレ者な面もあって、と、なんだか現時点ではつかみどころがない、評価に悩むキャラです。新シリーズということですので、続編に期待。

  • 10月-10。3.5点。
    自衛隊やら、警察やら、厚労省やらが集まった国家的インテリジェンス部署。
    警察官僚の主人公が、部署横断的に動く。最初の事件は、日本で殺害されたロシア人。

    真行寺が出てきたり、黒木が出てきたり。スピード感あり、スパイらしいだまし合い、日本的な縄張り意識あり。
    盛りだくさんだけど、上手くまとめた。さすがの作者。

    あとがきによると、真行寺シリーズと絡みながら進んでいくらしい。楽しみだ。

  • ”巡査長真行寺”と登場人物が被る警察官僚が活躍するエンタメ

    パラレルワールドの警察ものぐらいに割り切って楽しむ

  • めぐるましく動くエンターティメント。まさかの、真行寺さんの同窓会じゃないよね?コロナの今だからめちゃリアルだし、厚労省知ってるよね?みたいに読む手が止まらなかった。理屈抜きで楽しめた作品。真行寺さんを知ってるからこその生きた作品。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

榎本憲男

一九五九年和歌山県生まれ。大学卒業後、西武セゾングループの文化事業部、その後東京テアトルにて映画事業に携わる。劇場支配人、番組編成担当、プロデューサー等を務め、退社。二〇一一年、監督デビュー作『見えないほどの遠くの空を』が公開されるとともに、同作の小説を執筆。一六年『エアー2・0』が大藪春彦賞候補となる。他の著書に『巡査長 真行寺弘道』と、同シリーズの『ブルーロータス』『ワルキューレ』『エージェント』、『DASPA 吉良大介』がある。

「2020年 『インフォデミック 巡査長 真行寺弘道』 で使われていた紹介文から引用しています。」

榎本憲男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンソニー・ホロ...
砥上 裕將
今村 昌弘
劉 慈欣
柚月 裕子
今村 昌弘
柚月裕子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×