安楽死を遂げるまで (小学館文庫 み 20-1)

著者 :
  • 小学館
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094070279

作品紹介・あらすじ

理想の逝き方を探し求めて

世界の医療現場で、安楽死の導入の気運が高まっている。超高齢社会を迎えた日本でも、昨今、容認論が聞こえてくるようになった。しかし、実態が伝えられることは少ない。

安らかに死ぬ――その柔らかな響きに、欧州在住の筆者は当初懐疑的だった。筆者は、スイスの安楽死団体でその「瞬間」に立ち会い、またはアメリカやオランダで医師や遺族と話を交わすなかで、死に対する考えを深めていく。

文庫解説で武田砂鉄氏はこう書く。
<本書から繰り返し聞こえてくる著者の吐息は、安心感なのか戸惑いなのか疲弊なのか、読者はもちろん、それは著者自身にも分からないのではないか。死にゆく様を見届けた揺らぎが、そのまま読者に届く。読んで、同じように揺らぐ。目の前に広がった死の光景をどう受け止めればいいのだろうか>――

読後、あなたは自らに問うはずだ。私はどう死にたいのか、と。

第40回講談社ノンフィクション賞受賞作にて、日本で安楽死議論を巻き起こすきっかけとなった衝撃ルポルタージュ。


【編集担当からのおすすめ情報】
文庫化に際して、筆者は、単行本の登場人物たちの「その後」を取材しました。遺族や医師はいま何を思うか。後悔していないか。日本でも関心が高まる安楽死、そしてそこに従事する関係者らについて、賛成か反対かの二項対立では収まらない、新たな姿を紡ぎ出します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 安楽死を手助けする海外の団体や安楽死を願う本人、家族を取材し本にしたノンフィクション。高齢化、医療の発達で辛い状態の中でも生きなくてはいけない現代日本。安楽死問題はこれからどんどんでてくると思う。海外で安楽死を遂げる前の本人へのインタビュー、臨終の様子なども書かれているが全員が安らかに最期だったのには驚く。そして安楽死幇助の医者が「人間は85歳過ぎると自分の体に心配症になる」と発言していて、周りの高齢者がまさしくそうだったので驚いた。85歳、覚えておこうと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ジャーナリスト

「2020年 『外国人ぎらい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮下洋一の作品

ツイートする
×