あなたが殺したのは誰 (小学館文庫 ま 23-3)

  • 小学館
4.31
  • (19)
  • (18)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 1052
感想 : 17
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094073300

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 警視庁捜査一課の瞬間記憶能力のある三ツ矢秀平と警視庁戸塚警察署の田所岳斗のコンビが挑む事件第三弾。

    中野区東中野のマンションで永澤美衣紗23歳が殴打されて死亡。
    美衣紗の部屋は片づけられない女性の典型的な汚部屋で、十カ月になる娘のしずくがいなくなっていました。
    三ツ矢はしずくの行方を捜します。

    一方物語はバブル期の北海道鐘尻島では、「リンリン村」の開発が頓挫し、リンリン村の鉄塔で首つり死体が発見されたのを機にいくつもの不審な死が続きますが…。

    中野区の事件と鐘尻島の事件が交互に語られますが、この二つの事件に一体どんな繋がりがあるのだろうかと思いました。
    最後に二つの事件はぴたりと繋がります。
    偶然と勘違いから起きた事件。

    タイトルの「あなたが殺したのは誰」の意味もわかります。じめっとした暗い事件でした。

    三ツ矢の超人的な活躍は健在でした。

  • まさきとしか『あなたが殺したのは誰』小学館文庫。

    三ツ矢&田所刑事シリーズ第3弾。『一部 彼を殺したのは誰』『二部 彼女を殺したのは誰』『三部 あなたが殺したのは誰』の三部構成のミステリー。

    バブル経済の崩壊が狂わせた人びとの人生。現代で起きた殺人事件とバブル期の北海道で起きた事件とがどうつながっていくのか。複数の事件が複雑に絡み合う中、もつれた糸を解きほぐしていく三ツ矢秀平と田所岳斗。

    読み終えると、タイトルの意味が明確になり、言い知れぬ辛い気持ちになる。


    『中野区のマンションの一室でシングルマザーのの永澤美衣紗という若い女性が頭部を殴打され、意識不明の状態で発見される。部屋からは生後10ヶ月の娘、しずくが連れ去られ、2ヶ月前に殺害された五十嵐善男という署名の入った『私は人殺しです。』と書かれた便箋が残されていた。この事件を捜査する変人ながら切れ者の警視庁捜査一課の三ツ矢秀平と警視庁戸塚警察署の田所岳斗のコンビ。被害者は程なく息を引き取るが、娘のしずくの行方は依然として不明であった。

    時は1990年代初頭に遡る。北海道の鐘尻島ではバブル崩壊により巨大リゾート『リンリン村』の建設が頓挫し、老舗料亭『帰楽亭』の息子、小寺陽介は将来に不安を感じていた。多額の借金をして別邸まで建てた父は大丈夫なのか。そんな折、工事が中断したまま放置された『リンリン村』の鉄塔で首吊り死体が発見される。

    本体価格900円
    ★★★★

    • ゆーき本さん
      これ三ツ矢 田所シリーズだったんですね!読みたい!
      これ三ツ矢 田所シリーズだったんですね!読みたい!
      2024/02/12
    • ことぶきジローさん
      三ツ矢&田所シリーズです。いつもながらストーリーが面白いですよ。
      三ツ矢&田所シリーズです。いつもながらストーリーが面白いですよ。
      2024/02/12
  • いやー、今回も惹き込まれた!
    まさきさんの文章は読みやすいのよね。

    なかなか点のままで線にならないなー。
    勝手にいろんなことを想像して、こう繋がるんじゃないか?実はこの人が…とか思いながら読んだけど、ハズレー!!
    全てハズレでーす!笑
    後半になり、ようやく待ち望んでいたお名前が!!
    きたーーーー!!!
    そこからはもうとにかく一気読みをオススメ。

    三ツ矢さんシリーズは全てが悲しい。
    今回も特に過去の島パートはもう。
    全体的に悲しさが付き纏う。
    島という限られた土地柄なのか、みなさんが間違った思い込みをしていてもそのまま訂正されない事が、なんだか空恐ろしく感じられた。
    いまの世の中のみんな違って自由で良いよね!という考えがないところ。
    もしかしたら、そういったやや狭い世界で生きていることが今回の悲劇に繋がる一因だったのかもしれないな。
    とにかくやるせなかった。

    由香里さんは痛すぎるお母さんだったね。
    自分の理想や人生を子供に背負わせちゃだめだよ。

  • 今回も二つの事件が繋がる時のゾクゾクがたまらないけれど、それが前作よりも更にパワーアップしている。
    本当に殺したのは誰なのかという衝撃的真相に胸が苦しくなる。

  • とても面白かったです。三ツ矢と田所の刑事バディミステリシリーズ、今作もまた構成が今までと違い、新しいものを読ませようという意欲、工夫を感じる。どうも現代と過去を行き来しつつ話が進んで行くようだが、全く繋がって行かず、途中で何らかの紐付けが見えても良いのに、何も見えてこない。それが一つの結び付きから、収束に向かって行く展開は鳥肌もの。過去は悲惨な描写も多く精神的に苦しくなるが、現代パートで緩和、その繰り返しは、それぞれの謎も相俟ってとても読み進め易かった。そしてまさきとしか作、結構読んでて辛い毒母が登場してくる印象。

  • 多い多い!登場人物が!
    三ツ矢&田所刑事シリーズ第3弾なんですが、これまでより長編になっているので、読み応えバツグン。東京の事件がどう鐘尻島と結びついていくのかが気になるのと読みやすいのとが重なっていつの間にか読み終わりました。
    三ツ矢さんはまぁいつも通りなんですけど、田所刑事がいつの間にか三ツ矢さんに認められたいと健気に頑張ってるところが、悲しい事件との対比となっていて面白かったです。

  • 今回も安定の面白さ!
    この三ツ矢&田所コンビ良いわ~!次回を期待させる終わり方にもワクワクが止まらない!
    ストーリーはガッツリ正統派なんだけど、このコンビのくだりに至っては完全に田所の恋物語だわ!
    しかもなんか叶っちゃってるやん!笑!

    この作家さん、ストーリーの組み立て方が上手いんですよねー。これで解決?幕引き?と思いきや、もう1つもう2つとかぶせてきてくれるこの奥行がたまらんです。

    次回が待ち遠しいです。

  • 一気に読み終えた。並走する 2つの話のどこに共通点、どこで交わるのか、ページをめくる手が止まらない。
    小さな思い込みや ちょっとした勘違いが 大きな渦になるその瞬間を 見逃さないように読む という新しい読書体験した気分です。ミステリー?そうだろうけど 深みのある 読み応えのある小説。最後のページを閉じて 「そうきたか!」まさきとしかさんに拍手です。

  • 今作も一気に読んでしまった。
    火事の原因が明かされないのは、存命の登場人物と同じ気持ちにさせるためか。(読み解けた人がいたら教えて欲しい)
    鐘尻島って実在しないんですね、実在したらこんなにネガティブに描けないか。

    わたしの出身地はここまで小さなコミュニティではないけれど、それでも地元を離れて東京で暮らし続けたいと思うのは、そういうところだよと島の人々を見て思う。

    流行りのお母さんヒス構文が盛りだくさんで面白かった。

  • Amazonの紹介より
    50万部!三ツ矢&田所刑事シリーズ第3弾
    中野区のマンションの一室で若い女性が頭部を殴打され、意識不明の状態で発見される。永澤美衣紗という名の彼女はシングルマザーで、生後十ヵ月の娘、しずくは連れ去られる。現場には「私は人殺しです。」と書かれた便箋が残されていた。
    時は遡り、90年代初頭。北海道の鐘尻島では巨大リゾート「リンリン村」の建設が頓挫し、老舗料亭「帰楽亭」の息子、小寺陽介は将来に不安を感じていた。多額の借金をして別邸を建てた父は大丈夫なのか。そんな折、リンリン村の鉄塔で首つり死体が発見される。
    バブルに翻弄される北海道の離島と現在の東京。
    二点を貫く事件の驚くべき真相とは。



    いやぁ、長い旅路を歩いたかのような疲れと壮大感、そして色んなことが繋がっていくような爽快感もあって、面白かったです。

    現在のパートと過去のパートを行き来しながら、物語は展開していくのですが、後半の残り約100ページくらいまで、一向に繋がりません。
    共通点が見つからず、殺人事件と、リゾート開発によって狂わされた島、それぞれの登場人物達の運命を垣間見るのですが、様々な悲劇を目撃するごとに苦しい気持ちになりました。

    後になって、全てが繋がっていくのですが、その発端はリゾート開発。それがなければと思うと、悔やんで悔やみきれませんでした。色んなボタンの掛け違いが招く悲劇に、何とも言葉に言い表せない気持ちでした。
    特に過去パートは、辛かったです。リゾートが誕生することで、島が潤い、みんな幸せな生活を送れるという「理想」から一変、借金や不倫、嫉妬といった「破滅」へと誘っていく展開にバブルがもたらす影響の恐怖を感じました。

    ミステリーとして考えると、とても練りに練った構想だなと思いました。2つの時代を繋ぐ最初のワードが、ある登場人物なのですが、出た瞬間、思わず心の中で「キター!」と思いました。
    まだこの段階では、点と線が繋がった感はないのですが、次第に解き明かされていく展開に、「やっと・・」感がありました。こう繋がっていくんだという意外さや驚きもあって、ここまで長かったなとつい思ってしまいました。

    もちろん、メインは2人の刑事なのですが、どの登場人物も色んな意味で魅力的でした。
    キャラの濃さとしては、一番は三ツ矢刑事です。見た目は普通だと思うのに、中身は変なのですが、卓越した推理が冴え渡っていて、印象深かったです。真相へと導くために、情報を一つ一つ潰していき、それが事件にとって大きなヒントとなっていくので、読み応えがありました。

    そして後半の展開。あらゆる要素が繋がりますが、さらに色んな驚きが待ち受けているので、とにかく面白いの一言でした。
    しかし、その裏側では、何とも辛すぎる気持ちにもなりました。色んなものを巻き込んだ現在パートでの襲撃事件。
    事件は解決するものの、ハッピーになるわけではないので、ため息をするばかりでした。

    このような悲劇が今後、ないことを願いたいです。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1965年東京都生まれ。北海道札幌市育ち。1994年『パーティしようよ』が第28回北海道新聞文学賞佳作に選ばれる。2007年「散る咲く巡る」で第41回北海道新聞文学賞(創作・評論部門)を受賞。
著書に『熊金家のひとり娘』『完璧な母親』『大人になれない』『いちばん悲しい』『ある女の証明』『祝福の子供』『あの日、君は何をした』『彼女が最後に見たものは』などがあり、近刊に『レッドクローバー』がある。

「2022年 『屑の結晶』 で使われていた紹介文から引用しています。」

まさきとしかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
夕木 春央
朝井 リョウ
湊 かなえ
伊坂 幸太郎
まさき としか
知念 実希人
道尾 秀介
恩田 陸
道尾 秀介
呉 勝浩
凪良 ゆう
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×