この胸いっぱいの愛を (小学館文庫)

著者 : 梶尾真治
  • 小学館 (2005年9月6日発売)
3.50
  • (53)
  • (79)
  • (182)
  • (14)
  • (3)
  • 本棚登録 :606
  • レビュー :92
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094080476

この胸いっぱいの愛を (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バタフライエフェクトについては触れていないけれど、
    そこが問題ではないから、これでいいのだろう。

    ありがち、といらつくこともなく、
    素直に読めた。

    大きく感情がゆれることもなかったけど、
    それがむしろ魅力。

    へぇ、そんな経験したんだ、うらやましいけど大変だったね。
    そんな感じ。

    一生懸命な主人公がよい。

  • 再読。 時間跳躍の作品としては、キッカケだったり展開だったりがありきたりではある。 キレイに終わるのでエンタメ小説としてはそれなりに楽しめる。 改めて読み返してみても『クロノス・ジョウンターの伝説』とは別物という印象しかなかったな。 印象としては『LOST』や『神はサイコロを振らない』なんかと重なる。 最近読み返したからというのもあるけども。(クロノス~と別物ということも、別の作品と印象が重なるというのも悪いということではない) 映画版は結末が違うようなのでそのうち観ることにする。

  • 過去に戻る系の本にしては、なかなか良かった。
    自分の場合、子供の頃とあんまり変わってないから、大人になった自分は分かると思うけど。まぁ、その辺は映画だからね…過去に戻ってやり直せる人とそうでない人と、色々いるけどね。少しの感動もあったから、3つかな。

  • 3日位で読了。映画のノベライズ本だったらしく、とても読みやすい。単純に面白かった。
    本当は人生をやり直すなんてできないんだけど、やり直したらこうしたいというのが誰でもあるはず。よく聞く話だけど、私ともっと真剣に勉強しておけばよかったな〜と思う。
    大学なんて高校生でどれだけ勉強したかだけなのに、学歴は今の日本ではずっとついて回るし。
    そしてこれだけ長く生きていると、勉強してきた人としなかった人の差がどんどん開いてくるから。
    でも、もうこんな歳だからなんて思わず、今からでもできる勉強はたくさんある。どんどん色んな事を吸収していきたいと思う。
    この本でも言ってたけど、やっぱり諦めたらそこで終わるから。

  • とても良かった。号泣。このまま切ないまま終わるのかと思いや、最後は温かい終わりで救われた。

  • 過去に戻ってやり直せるとしたら、、
    それぞれの人生を描きながら、それぞれの愛の形を温かく映し出している。

  • タイムスリップものの群像劇。
    泣きました。

  • こういうのに弱い
    オススメしたい一冊

  • 帰りの飛行機でつるっと読了。

    伊藤英明とミムラかー
    なんか違うような。。。
    実写みてないけど。

  • タイムスリップする話。かなりのハッピーエンド

全92件中 1 - 10件を表示

この胸いっぱいの愛を (小学館文庫)のその他の作品

この胸いっぱいの愛を Kindle版 この胸いっぱいの愛を 梶尾真治

梶尾真治の作品

この胸いっぱいの愛を (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする