前田利家 (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.27
  • (0)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094081275

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 秀吉が亡くなった後の出来事を書いた作品。
    金沢をばさらの国として収めながら秀頼の傅役として石田三成や徳川家康の間に入り仲介する。
    家康が一番平和を望んでる事や、ねねの心情などこの作品でこういう見方もあるのだと知る。

    2016.05.15読了

  • 8

  • 4094081275 315p 2006・11・1 初版1刷

  • 解説や作者の意見が多いのが小説を読むにあたってちょっと疲れたけど、利家の最期がよく描かれていてよかった。
    まつの話は、利家といい夫婦という感じがよく、さらにまつの言うことはおおむね当を得ていて印象的。
    家康や三成との関係、信長を兄とも思って慕っていた関係も書かれていて、よいのでは。
    最期の200日という舞台設定はおいしい。
    藤原セイカの「孟子」や「貞観政要」や水と船の話など、面白かったです。

全4件中 1 - 4件を表示

前田利家 (小学館文庫)のその他の作品

前田利家 単行本 前田利家 童門冬二

童門冬二の作品

ツイートする