時代小説アンソロジー〈2〉女人 (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (363ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094081473

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 時間潰しに買った割には思いのほかよかった。滝口康彦、海音寺潮五郎といった古い作家の小説かと思いきや、高齢者の介護をテーマにしたもの(しかも菊地秀行とか)という珍しい話とか。忠臣蔵のサイドストーリー、長崎の出島の遊女を扱ったもの(御宿かわせみの一冊目を思い出します)とか。全体的に品のある内容で、哀しい話が多いけれど読後感は悪くないと思います。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1958年東京生まれ。文芸評論家。著書に『捕物帳の系譜』『時代小説の読みどころ』等。

「2020年 『笊ノ目万兵衛門外へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

縄田一男の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×