ネグレクト―育児放棄 真奈ちゃんはなぜ死んだか (小学館文庫)

著者 : 杉山春
  • 小学館 (2007年8月1日発売)
3.79
  • (19)
  • (20)
  • (18)
  • (4)
  • (2)
  • 本棚登録 :156
  • レビュー :25
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094081954

ネグレクト―育児放棄 真奈ちゃんはなぜ死んだか (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 名古屋市郊外で3歳の女の子がダンボールに入れられたまま、ほとんど食事も与えられず餓死した。
    ネグレクト(育児放棄)の典型的な事例が数多くみられるこの事件を3年半に渡って追ったルポルタージュ。

    このような事件があると激しいバッシングが起きるが、
    誰かを叩いて自分の日頃の憂さ晴らしをするのが目的ではないなら、ちょっと一呼吸して同じ様な事件が起こらない為にはどうすれば良いか考えてみるといい。
    バッシングは育児に追いつめられた人が声を挙げにくい社会にしていませんか?

    ・社会と隔絶され家に篭もりっきりで育児に明け暮れる妻
    ・家事は女の仕事と考え、仕事やゲームに没頭する夫
    ・友達のような親子だが、深刻な問題に気づいても踏み込んで解決しない
    ・子供の発達の遅れが恥ずかしく世間に知られたくないと考える
    ・支払いを考えずストレスを通販で発散する
    ・児童相談所などの現場のマンパワー不足
    ・DVと違い外部からネグレクトと判断する際の難しさ
    ネグレクトは特別に自分たちと遠く離れた環境で起きるわけではないのがわかるはず。

    三代続けて同じような養育環境でありながら、
    家を建てる援助、できた借金を肩代わりする余力、家族が支え合う力が失われていき、悲惨な事件がおきたという点もなるほどなと思う。

  • 専門職なのだから、知らない・わからないではすまされない。
    もっとプロ意識を持たねば。

    育児で悩んでたり、辛くなったりしたら、とりあえず誰かに相談してほしい。
    東京都にお住まいでの、子どもに関する相談は、TEL0333664152、夜間・土日祝日の緊急の場合、TEL0359372330。

  • いつ読んでも聞いても見ても思うのは。
    「それなら産むなよ。」と。

    出口がない。

    これは父親と母親の育った環境について焦点を置いてるようだけど。
    読み終わってやっぱり、「だったら産むな。」と思ってしまった。

  • 子供の虐待。時折ニュースになる事件の数々ですが、それは特殊なことではなくて、
    今の日本社会で起こるべくして、起きている事実であるということが、この著書のテーマです。
    確かにこの著書で取り上げられた夫婦が、家族三代、
    満足に子育てが出来ない家庭に育てられた子供という事実はあります。
    しかし、旦那や親などを頼ることが出来ずに、子育てをしなければならない状況にある母親が多数存在することこそが、
    虐待が発生している大きな要因であることを考えさせられました。
    自分自身、男として女性に対しての接し方にも多数の教唆を得た文庫本でした。

  •  虐待報道があとをたたない。
     いったいどうなっとるん? 思いつつ、やはりこのあたりに行き着く。
     非常に冷静に、ルポされている。冷静に、公正に、この事件をとらえている。書き手の視点が、好き。
     「慈愛」のカテゴリーにいれてもいいくらい。

  • それでもまだ、子を死なせてしまう親は跡を絶たない。親だけでなく地域共同体の大人たちが全員で子育てをするような社会であればと切に願う。

  • 大阪の2児のネグレクトの事件をきっかけに読みました。子育てに不安や悩み、葛藤を抱える親はたくさんいますが、虐待死という越えてはならない一線を越えてしまうのかと疑問に思っていました。普通の感覚では理解し得ないですが、この本を読むことでそれを理解する一助になると思います。悲しいことに虐待の事件は後を絶ちませんが、親子とも不幸になってしまうような事件が二度と起こらないようにと願います。

  • 授業で使用。ルポライターの杉田さんが、私情を極力押し殺して書いているのが、読んでいて快感。ドキュメンタリー番組を観ているような感じで、すらすらじわじわキた。

  • 児童虐待は、只、冷酷とか可愛そうとか
    そんな簡単な言葉で片付けてはいけないと思う。
    沢山のことを考えさせられる事件。
    これからのことをちゃんと考えなくては。

  • 実際に起こったノンフィクションゆえ、読んでいても同じ親として何度も問いかけたくなった。
    この2人には「こども」という存在はなんだったのか・・。
    虐待・・それも「餓死」とは・・。

    まあ、オレもたまには言うこと聞かない子供たちにキレそうになることもある。
    しかし、やはり自分の子だからね。
    子供たちの行く末が楽しみだし、それに向けての蓄えも用意しなければと思うし・・。

    二度と読みたくない本です。

全25件中 1 - 10件を表示

ネグレクト―育児放棄 真奈ちゃんはなぜ死んだか (小学館文庫)のその他の作品

杉山春の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
綿矢 りさ
村上 春樹
東野 圭吾
東野 圭吾
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ネグレクト―育児放棄 真奈ちゃんはなぜ死んだか (小学館文庫)に関連する談話室の質問

ネグレクト―育児放棄 真奈ちゃんはなぜ死んだか (小学館文庫)はこんな本です

ネグレクト―育児放棄 真奈ちゃんはなぜ死んだか (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする