ミシン (小学館文庫 た 1-4)

著者 :
  • 小学館
3.58
  • (72)
  • (105)
  • (156)
  • (28)
  • (4)
本棚登録 : 1024
レビュー : 93
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094082258

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うーんどうなのかなあ
    桜庭一樹と似たところがあるとおもいます。
    「下妻物語」以外の嶽本野ばら作品ははじめてだったけど、うーん

    好きな人はすき、嫌いな人はきらい、ってかんじだろうなあ
    万人受けはしなさそう

    わたしは着たいとは思わないけど、ヴィヴィアンウエストウッド(ってカタカナで書く時点でなんかちがう^^)とかロリータとか可愛いと思うし、
    乙女もレトロも森茉莉(なつかしいなー)も、なんとなく良いものだ!ってわかるから・・わかるけど・・

    「雪が降っていることを君に伝えたいというこの想い。」
    伝えたいのに伝えられないとか切ないなあ
    わたしも今日雲がすごい!風がすごい!空きれい!っていう気持ちを伝えたくなったけど、伝えられないよなあ・・
    隣にいたらいいのに!って思ったら胸が苦しくなりました
    やってられないよ・・タメイキ!!!

著者プロフィール

小説家。エッセイスト。京都府宇治市生まれ。1998年『それいぬ――正しい乙女になるために』(国書刊行会、後に文春文庫)で、エッセイストとしてデビュー。2000年『ミシン』(小学館文庫)で、小説家デビュー。同作は、単行本と文庫を合わせて16万部に達するベストセラーとなった。03年『エミリー』、04年『ロリヰタ。』が、二年連続三島由紀夫賞候補となる。04年には映画化された『下妻物語』(単行本は02年刊行)が大ヒットした。この他の弊社刊行の小説作品は以下のとおり。01年『鱗姫』、『カフェー小品集』、『ツインズ -続・世界の終わりという名の雑貨店』、03年『デウスの棄て児』、『カルプス・アルピス』、04年『ミシン2/カサコ』、05年『下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件』、07年『変身』、08年『タイマ』、『おろち―olochi,super remix ver.』。公式ホームページURL http://www.novala.quilala.jp/

「2015年 『破産』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミシン (小学館文庫 た 1-4)のその他の作品

ミシン missin’ Kindle版 ミシン missin’ 嶽本野ばら
ミシン 単行本 ミシン 嶽本野ばら

嶽本野ばらの作品

ツイートする