ミシン (小学館文庫 た 1-4)

著者 :
  • 小学館
3.58
  • (72)
  • (105)
  • (156)
  • (28)
  • (4)
本棚登録 : 1022
レビュー : 93
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094082258

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数

  • 二つお話が入ってますが、
    どちらも嶽本野ばらさんらしく、お洋服へのこだわりが徹底されていて(ヴィヴィアン好きな方はその描写だけでぐっとくるはず)少し捻くれていて。笑
    こんな世界から孤立しているような独特な世界観をかけるのは野ばらさんだけだなと改めて思いました。
    しかし野ばら作品はわたし的にこの独特さを好きになれるときとふつうにひいてしまう時の差が激しく…残念ながらこの二つはあまりついていけなかったほう。笑

  • 乙女のカリスマ。
    そんな作者の事前情報に惑わされながら読んだが、
    なるほど。中高生が憧れる世界観がよく分かる。
    内容は短編2つ。
    話も短いのでさっくり読めるのだがなにかヒリヒリと感じるものがある。両編とも暗い感情が鬱々とにじみ出ているのだが、そこには独特の美しさがある。

    world endというショップ名が世界の終わりか世界の果てかどちらなのかというなんでもないことが一番印象的だった。

  • 理解できないこともありますが

    世界の終わりという名の雑貨店

    には、ヴィヴィアンウエストウッドがたくさん出てきて嬉しかった。

    まだまだわかりません。

  • 久々に小説などを読んでみようと思い立って手にとってみた一冊ですけれども、これがなかなか…良かったです!

    元々野ばら氏の文章に惹かれるところもあったため、今作も順調な滑り出しで(?)読めました。

    まあ…内容はこれまで読んだ野ばら作品とそう変わりはなかったんですけれどもね…君、と称される女の子に語り続ける手法は野ばら氏ならでは…といったところでせうか。

    ま、小説も作者のものだけではなくてそこには読者も含まれますよ、みたいなスタンスは今作にも健在ですね。 ←え?? 社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    内容はともかく流麗な文章…というか、個性的な文章に惹かれた作品でしたね。おしまい。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • ある意味、キレイはお話しだと思う
    ロリータ趣味だとか関係なく、登場人物の思考がキレイだ

    まったく、作者が薬さえやらなければねぇ…
    もったいない

  • 既読でしたが、久しぶりに読んだら面白かったです。やっぱり初期作品の方が好きかな。

  • 過剰かもしれないけど、
    異常ではないのかもしれない。

    共感はしなかったけど、おもしろいと感じました。

  • 表題作にもなっているミシンが好きです。ミシン2と合わせて映像化してほしい。ステージで動く美心を、傘子を見てみたい。
    世界の終わりと~は、文体はすごく好き!なんだけど、展開がケータイ小説のような印象を受けました。文章はすごくきれいなので、雰囲気を楽しみたいときはいいと思います。

  • 再読。

  • 「世界の終りという名の雑貨店」がすき。

    ミシンを読んで、ロッキンホースに憧れた時期もありました。

著者プロフィール

小説家。エッセイスト。京都府宇治市生まれ。1998年『それいぬ――正しい乙女になるために』(国書刊行会、後に文春文庫)で、エッセイストとしてデビュー。2000年『ミシン』(小学館文庫)で、小説家デビュー。同作は、単行本と文庫を合わせて16万部に達するベストセラーとなった。03年『エミリー』、04年『ロリヰタ。』が、二年連続三島由紀夫賞候補となる。04年には映画化された『下妻物語』(単行本は02年刊行)が大ヒットした。この他の弊社刊行の小説作品は以下のとおり。01年『鱗姫』、『カフェー小品集』、『ツインズ -続・世界の終わりという名の雑貨店』、03年『デウスの棄て児』、『カルプス・アルピス』、04年『ミシン2/カサコ』、05年『下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件』、07年『変身』、08年『タイマ』、『おろち―olochi,super remix ver.』。公式ホームページURL http://www.novala.quilala.jp/

「2015年 『破産』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミシン (小学館文庫 た 1-4)のその他の作品

ミシン missin’ Kindle版 ミシン missin’ 嶽本野ばら
ミシン 単行本 ミシン 嶽本野ばら

嶽本野ばらの作品

ツイートする