さくら (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.76
  • (407)
  • (526)
  • (522)
  • (88)
  • (30)
本棚登録 : 4728
レビュー : 565
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094082272

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 切ないなぁ。
    人が死んでしまう話は好きではない。そうでなく、この感情を生む話であってほしい。

  • がぶがぶと飲むみたいに読んだ。空気がすき。

  • 読み始めは、なんか変な家族の話かな?と思っていた。
    読み進めていくと、作者は作者の考える愛を本作に注ぎ込んでいったんじゃないかと思えてきた。
    家族の愛、夫婦の愛、兄弟愛、ペットへの愛、そしてその愛はLGBTにまで及ぶ。
    劇的すぎる設定、劇的すぎる展開とも思えるけど、直球の愛は感じたような気がする。

  • はじめ

    ミキ

    さくらは犬の名前

    とてもかっこいいはじめと、普通の薫と、とても美人なミキ

    はじめは事故にあって顔がつぶれ、下半身不随になる
    ミキは、はじめが好きで、離れてしまったはじめの彼女からの手紙を隠し続ける

    そして父親が出て行く
    出て行った父親が戻ってくるところから物語は始まる

    出て行く前はとても悲しくて辛い家族だけど、
    でも西加奈子の終わり方は好き

    最後はサクラに救われて、ステキな長谷川一家に戻るのだ

  • 加奈子さんの表現は本当に素晴らしいです。
    私の人生の応援をしてくれるような大切な作品です。

  • やっぱこれは代表作やな。

  • 家族の物語。ヒーローだったお兄ちゃんと超美形だが破天荒な妹にはさまれた次男を通して物語が進行。明るい家族の崩壊と再生の物語。時々はさまれる犬語もいい。
    豊かな文章表現にグイグイと引き込まれてしまいます。解説にありましたが、絵画をみるような表現は見事。読後感もいいですね。再読したい小説です。

  • 2018.05.21読了
    今日は美容院の予約を入れていた。でも本書の続きが読みたい。よし、キャンセルしよう!
    。。。と決意するくらいすばらしい作品でした。
    先に読んだサラバも良かったですが、このさくらはその上を行くかも。
    今までどうして読まなかったのか?!どうして誰も勧めてくれなかったの?!みんな、知らないの?!(笑)

    サラバの時もそうだったが、最初の10ページでもうすっかりハマり込んでしまった。
    正直、こんなステキで美しく幸せで愛し合っててしかもものすごく不幸な家族は実際には存在しないんだろうな。
    仲良し家族、個性的家族、個人主義家族、そしてどん底不幸家族。それぞれはありそうだけど、この家族はそれが一緒くたになってる。
    まさに涙あり笑いありの作品だが、涙と笑いだけでは到底表現出来ないサイコーの読了感が味わえた。
    最後に
    サクラは最高にかわいい女の子だ!

  • 又吉さんがお勧めしてたので手に取りましたが、私にはあんまりだった。犬語の訳(?)にモヤモヤ。

  • どこかで犬と家族の心温まる物語、みたいなのを読んで手に取りました。が。確かに犬は出て来るけど、どちらかというと家族の成長物語で、そこに家族の一員である犬のさくらが時折顔を見せる感じです。主人公家族の成長を赤裸々に描くのはいいとしても、中学生の性に関する思考まで披露されても感想の持ちようがないなぁと。登場人物も衝撃的な部分が多いし。もっとさくらの出番を増やしてほしかったな。

全565件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

西加奈子(にし かなこ)
1977年、イランのテヘラン生まれ。エジプトのカイロ、大阪府堺市で育つ。関西大学法学部卒業。雑誌「ぴあ」のライターを経て、2004年『あおい』でデビュー。
2007年『通天閣』で織田作之助賞大賞、2011年咲くやこの花賞、2013年『ふくわらい』で第1回河合隼雄物語賞、2015年『サラバ!』で第152回直木三十五賞を受賞。
その他代表作として、宮崎あおい・向井理出演で映画化された絵本『きいろいゾウ』、同じく映画化された『円卓』、20万部を超えるベストセラー『さくら』、本屋大賞ノミネート作『i』など。2020年初夏、『さくら』が映画化決定。プロレス好きとして知られる。お気に入りの本は『アントニオ猪木詩集』。

さくら (小学館文庫)のその他の作品

さくら 単行本 さくら 西加奈子

西加奈子の作品

ツイートする