口中医桂助事件帖 菜の花しぐれ〔文庫版〕 (小学館文庫)

著者 :
制作 : 533 
  • 小学館
3.42
  • (5)
  • (11)
  • (12)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 72
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094083828

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前作に続いて岩田屋の魔の手が徐々に家族に。
    今度は桂助の義父まで狙われて殺人容疑で番所へ。
    それを救うために決断を迫られたところへ次巻に。
    どうする?!
    あ、義妹はなかなか懲りない人ですが、ぜひ幸せになってもらいたいものです。

  • 最後の物語で、更に状況が大きく変わる予感。
    この時代の義歯の作製や調整は本当、職人技だったろうな。

  • 最後のは展開上仕方ない部分もありますが、あとの2編もなんとももやもやした事件。最後のにしても被害者側にこの展開は読めなかったものだろうか。

  • シリーズ七冊目です。

  • 口中医シリーズいよいよ大詰め?義父に殺人容疑が。。。

  • 4/9

全6件中 1 - 6件を表示

口中医桂助事件帖 菜の花しぐれ〔文庫版〕 (小学館文庫)のその他の作品

和田はつ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする