希以子[文庫] (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.14
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (592ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094084139

作品紹介・あらすじ

東京・下町生まれの希以子には二人の母親がいた。養母マツには美しい娘・美佐緒がおり、希以子にとってはあこがれの存在だった。しかし、生母よしが男と出奔したころから人生の歯車が狂い出す。大洪水や関東大震災に被災して人の命の儚さを知り、美佐緒の嫁ぎ先の長男・市太郎と互いの愛を確かめ合うも許しを得られずに離別。親のすすめで結婚するが、夫の暴力に耐えかねて離婚。その後、満州で成功した市太郎と再会。彼の誘いのままに、幼子を連れて大陸に渡るが…。苛酷な運命に翻弄されながらも、激動の時代を、明るく逞しく生き抜いた女の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大正・昭和初期激動の時代を逞しく生き抜いた女の波瀾万丈物語。東京の日暮里に生まれた「希以子」には生母の「よし」と養母「マツ」という、二人の母親がいた。マツには、美しい娘・美佐緒がおり、希以子にとってはあこがれの存在だった。しかし、生母よしが男と出奔したころから人生の歯車が狂っていく。大洪水や関東大震災に被災して人の命の儚さを知り、美佐緒の嫁ぎ先の長男・市太郎と互いの愛を確かめ合うも許しを得られずに離別。その後結婚して二人の子を産むが、夫の暴力に耐えかねて離婚。その後、満州で成功した市太郎と再会。

    彼の誘いのままに大陸に出かけていくが、市太郎はすぐに囚われの身になる。その消息を訪ねながら、中国各地で仕事を見つけてはたくましく生き抜く、希以子の粘り強さに運が味方しなかった。大正・昭和を女性が生き抜く作品は玉岡かおるさんが、お得意としていて読んでいるが、諸田さんのこの作品は時代の流れを追いかけるのが精一杯で、筆力不足のような作品。

全2件中 1 - 2件を表示

希以子[文庫] (小学館文庫)のその他の作品

希以子 単行本 希以子 諸田玲子

諸田玲子の作品

ツイートする