笑いの神様の子供たち (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094084177

作品紹介・あらすじ

萩本欽一、和田アキ子、とんねるず、出川哲朗など「笑いの神様の子供たち」との交流を綴った抱腹の実話集。誰とでも絡める唯一無二の才能を生かし、その交遊から得た"芸"の神髄とはいったい!?テレビでの勢いそのままに、至極の超ハイテンションエピソードが全41話で炸裂する!バラエティー番組、クイズ番組、ロケ番組などテレビでその姿を見かけない日がないエンターテイナー勝俣州和が贈る、話題騒然初エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 勝俣さんと言っても、私はテレビを見ないからほとんど知らないのだが、芸能界の裏事情やらが書かれていて面白い。
    芸能界で活躍するために必要なのは、運、努力、才能だそうだ。と勝俣氏が欽ちゃんから言われたらしい。
    他にも和田アキ子やらいろいろな有名人とのテレビでのエピソードが出てくるが、私とはすむ世界が違うな。
    昔、アイドルだったらしいが、そんな面影はないね。なんだかお笑いかバラエティ専門っぽいが。。

  • 欽ちゃんファミリーの笑いは、やっぱりいい!!大好きな一冊。

全2件中 1 - 2件を表示

勝俣州和の作品

笑いの神様の子供たち (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする