口中医桂助事件帖 幽霊蕨 (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.38
  • (2)
  • (8)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094084481

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大きな転換後のお話。
    これといって、口中に関係するような内容はあまりなかったかな。

  • 岩田屋は潰れたというのに、その跡地で今度は騒動が起こります。死んでもなお起こる騒動に、思わず岩田屋め~~~と。
    一橋との背景もこの巻で少しわかりました。

  • シリーズ九冊目です。

  • シリーズ9作目、前作品で少し区切りがつたかと思ったが、新メンバーとして、若き日の徳川慶喜が加わる?鶴亀屋の梅太郎も登場、最近の傾向か他作品にも同様なことが見られる。
    14代将軍にかかわる、水戸斉昭と井伊直弼の対立が背景に進められるのか?

  • 12/14

全5件中 1 - 5件を表示

口中医桂助事件帖 幽霊蕨 (小学館文庫)のその他の作品

和田はつ子の作品

ツイートする