愛と勇気のロック50 (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094084511

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013年12月20日読了。50組の還暦を越えのヴェテラン・ロッカーたちの最新作のディスクレビュー。クリフ・リチャードやジェリー・リー・ルイスら、ビートルズ・ストーンズら60年代ロックを牽引した面々も憧れた伝説的ロッカーたちが今も現役で、懐メロなどではない気合の入ったニューアルバムを発表しているとは・・・!「ロッカーは30を迎える前に早死にするもの」などと誰が言ったのか、まさにタイトルどおり「勇気」をもらう出来事だ。大人向けの文化・音楽しかなかった50~60年代に「若者の文化・音楽」であるロック音楽を作り上げた面々が「老いる」、ということは、著者の指摘どおりかつて誰も体験したことのないまったくオリジナルの事件になるわけだ。「ロックにとってのこれからの10年はかつてないスリリングなものになる」のだろう、永遠にロックの先達たちの背中を見続ける存在たる若輩者の我らとしても、これからが楽しみでならない。

  • 面白くて一気読みした。こういう本を待っていた。着想が素晴らしい。往年のアーティストの新譜に光りを当て、聴き続けることの素晴らしさを教えてくれた。読んでいて楽しい!
    アル・クーパー、アート・ガーファンクル、ビル・メドレー、ボブ・ディラン、ブッカーT、ブライアン・ウィルソン、ブルース・スプリングスティーンetc、取り上げられたCDはどれも聴きたくなる。中山康樹さんの音楽評論は、なんといっても『マイルスを聴け!』が一番だが、この一冊も熱いぞ!

  • ベテラン・ロッカーの「新作」名盤を聴け!…と本の帯に書かれているように、誰もが知る過去の名盤を紹介しているのではなく、あくまでも最近作に絞られている。2000年代より前に発表された作品は取り上げられていない。僕は50枚すべてを聴いたわけではないが、読み終えた後には、聴いたアルバムはもう一度、聴いたことが無いアルバムは聴いてみたいと思わせられる

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1952年大阪府生まれ。音楽評論家。主な著書に『ロックの歴史』(講談社現代新書)、『マイルス・デイヴィスとジミ・ヘンドリックス 風に消えたメアリー』(イースト・プレス)、『現代ジャズ解体新書 村上春樹とウィントン・マルサリス』(廣済堂新書)、『ジャズ・ヒップホップ・マイルス』(NTT 出版)、『超ブルーノート入門』(集英社新書)、『50枚で完全入門マイルス・デイヴィス』(講談社+α新書)、訳書に『マイルス・デイビス自叙伝』(宝島社文庫)等がある。

「2014年 『ジャズの歴史 100年を100枚で辿る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

愛と勇気のロック50 (小学館文庫)のその他の作品

中山康樹の作品

ツイートする