黒澤チルドレン (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094084887

作品紹介・あらすじ

日本映画最大の至宝・黒澤明。彼が世界の映画界に与えた影響は計り知れない。スティーヴン・スピルバーグ、フランシス・コッポラ、山田洋次、宮崎駿ら、彼を師と仰ぐ映画人は、その作品の中に黒澤へのオマージュを捧げ、彼の継承者であることを表明している。そこに表出されているのは、彼らに映画人という人生を決断させた父・クロサワへのリスペクトと愛慕である。偉大なる黒澤の遺産は、どのように受け継がれているのか。著者自身が親しく交わった世界の映画の最前線で活躍する監督、俳優の作品、エピソードから、「クロサワ」の遺伝子を探る異色の現代映画論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 先日、熊井啓の評伝を読んだばかりだが、今回の本はそこまでの深みがない。影響を与えた監督に「踊る」の本広監督が出てくるのはどうなんだろう? リメイク版を撮った二人の監督が挙げられているが、他にも「野良犬」の森崎東監督とか、テレビ版を演出したディレクターとか、取材すればよいのに。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1970年生まれ。愛知工業大学工学研究科ポストドクトラル研究員
専門:社会経済地理学、時間地理学。

「2008年 『ヴィエンチャン平野の暮らし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村雄一郎の作品

黒澤チルドレン (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×