金色の野辺に唄う (小学館文庫)

  • 小学館 (2010年10月6日発売)
3.72
  • (25)
  • (44)
  • (47)
  • (6)
  • (0)
  • 407人登録
  • 48レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094085532

金色の野辺に唄う (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「忘れられないもの、捨てられないものを荷としてくくり、背に負うて生きていくしかないのだろう。生きていけばいいのだろうー本文抜粋ー」

    九十二歳の松恵の死に際に、次女、孫の嫁、ひ孫、そして本人のそれぞれの想いを描いていく。残す者、残される者。きれい事だけではない生きること。

    あさのあつこの描く登場人物は、なんとも生々しく、独特なわけではなくても「その人」を思い描ける。

    足掻いて、足掻いて…生きていけばいいんだろう。

  • 不思議な不思議な物語。
    死に行く90歳の女性。
    その死から葬儀までを、家族など関係者の視点から
    人生を見つめなおす視点で描いていく。

    たんとんとして、暗い話なんですが、
    なんだかとても気になる作品でした。

  • 2017年読み初め(笑)

    あさのあつこさんの四冊目。
    『バッテリー』など有名過ぎて読めていない。

    実は一部だけを読んで、その描写がとても良かったので、まるごと読みたくなった作品。
    藤崎という地元では有名な家系に嫁いだ松恵。
    彼女の死に際して、娘、曽孫、孫の嫁、近所の花屋さんという変わった視点から語りが広がる。
    それぞれ登場人物がドロドロと溜まった醜さを抱えながら、一人の死に向き合っていく。
    それは、綺麗事では片付けようがないのだけれど、死という非日常によって、自分自身とも対峙していくという流れがすごく良かった。

    ただ、意外なのが曽孫の東真パートで出てくる瑞樹パートがなかったこと。
    身内固めでいくなら、花屋さん忠明パートがあるもんなー。

    個人的には東真の父であり、孫である充パートも読んでみたかった!

    色彩表現の豊かさと、そこに上手く気持ちを乗せていく描写の巧さ。
    奈緒子さんの生々しさがあっても、ラストでしっかり感動に持っていける、すごさ。

    秋風に耳を澄ませると、優しい声が聴こえてくるんじゃないかと思わされた、素敵な作品だった。

  • 途中で誰が誰だかわからなくなって『今は誰目線?』ってなってしまいました。読み手の力不足です…(^^;

    物語は静かに進んでいくのに、読み終わりの余韻が長いお話でした。

    祖母が他界したばかりだったので、色々重ねる部分が多かったです。

  • 家族の関係は家族だからこそのすれ違いがある。
    でもいい人たち。
    いい人でありたい。

  • 22/122

  • 大おばあちゃん。
    おばあちゃん。
    おかあさん。
    みんなに物語がある。葛藤がある。

  • 最初に読んだ時はすぐに読み終わり、特に感慨深い印象もなかったけれど、後からじわじわくる。
    人の心の深いところを上手く伝えていて、自分と照らし合わせて考えることも多々。
    手放してしまったけど、もう1回読みたいと思う。

  • 綺麗な情景の浮かぶ 言葉の綺麗なお話だった。

  • 2014.05.14読了

全48件中 1 - 10件を表示

金色の野辺に唄う (小学館文庫)のその他の作品

金色の野辺に唄う 単行本 金色の野辺に唄う あさのあつこ

あさのあつこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
伊坂 幸太郎
有川 浩
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

金色の野辺に唄う (小学館文庫)に関連する談話室の質問

金色の野辺に唄う (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする