探偵Xからの挑戦状! season2 (小学館文庫)

  • 77人登録
  • 2.94評価
    • (0)
    • (9)
    • (14)
    • (7)
    • (2)
  • 19レビュー
  • 小学館 (2011年2月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094085921

探偵Xからの挑戦状! season2 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • NHKで放送されたドラマ「探偵Xからの挑戦状 Season2」の小説版。問題編と解決編にわかれています。season1は何話か見ていて、3は全部見たはず。2は全然見てなかったので小説を手に取りました。そうそうたる作家さんが出てきます。

    ・嵐の柩島で誰が死ぬ/辻真先
    自殺志願者たちが孤島に集められ、閉じ込められる。そこで殺人事件が起こる。
    果たして犯人は誰か。

    ・メゾン・カサブランカ/近藤史恵
    アパートで大学生が死亡。自殺と思われたが不審な点があり、警察は住人による殺人を疑う。

    ・殺人トーナメント/井上夢人
    女政治家の下っ端の秘書をしている主人公は、暗殺者が政治家を狙っているという情報を掴んで政治家に伝えに行く。
    その暗殺者は「暗殺者養成学校」に入っており、そこの卒業試験はトーナメント制の殺し合い。決勝に残った一人が政治家の命を狙いに来る。
    主人公のもとには断片的な情報しか入ってこず、誰が勝ち進んで殺しにくるのかわからない。
    あれですあれ。「この中に嘘つきが一人いる~」みたいな数学論理の問題。それがかなり複雑になっている感じ。
    女政治家の正体にはすぐ気づくので結果だけは簡単に予想できるんだけど、過程を整理するのが難しい。

    ★記憶のアリバイ/我孫子武丸
    近未来、人の脳に記憶されていることが映像化できるようになり、容疑者が嘘を吐けなくなって、犯罪捜査が容易になった。
    記憶を上書きできる技術もあるのだが、継ぎ目が残ってしまい加工したことはすぐにばれてしまう。
    そんな中ある殺人事件が起こり、容疑者の脳内を見てみるが、アリバイがあった。果たして……。
    記憶を取り出すには制限があり、10時間程度と決まっている。犯人はそれを逆手に取り、記憶を二重に上書きすることで偽のアリバイを作っていた。

  • シーズン2は、4作品に減った
    ドラマの原作だからなのか
    枚数制限のためなのか
    なんだか、記述が平板な気がする
    ちょっと残念

  • 少し短くなったバラエティ・ミステリー第二弾

     なんだか非現実の「嵐の柩島で誰が死ぬ(辻真先)」 、さっぱりの「メゾン・カサブランカ(近藤史恵)」 、唯一凝ってるが論理パズルは好きでない「殺人トーナメント(井上夢人)」 、近未来はいいけど設定が複雑な「記憶のアリバイ(我孫子武丸)」。少し残念。

  • 僕は基本的にパズル的要素の強い本格推理小説はとても好きなのだけど、さすがにここまでになるとちょっと楽しめないなあ。ほぼ全編「お手軽推理クイズ」を饒舌にしました、て感じの短編集。
    「season1」はそれなりに面白かった記憶があるのだがなあ。

    中でも井上夢人さんのアレはだめでしょ。
    普通の論理パズルやん!
    がちがちの論理で固めた、例えば有栖川有栖『スイス時計の謎』あたりと比べたら、もう雲泥の差。
    と文句を言いながら「season3」も読もうと思っているのだが、はてさて。

  • ドラマとメールマガジンでやっていた、探偵Xシリーズ。
    個人的に好きなシステムなのですが、小説として一本で読むと少々物足りない……かな?

  • 続編。シーズン2から問題編もドラマ化したようで、4編のみ。井上夢人、メモに書いてチャレンジしたのに、解けなかったー。くー、悔しい。もっと大きい紙で本腰入れてやればできたはずなのに。って、自己評価高すぎか。近藤文恵が入ってたのが嬉しい。好みだったし。他の二つ、辻真先と安孫子武丸は何か意味が分からなかった…。映像で見ればわかりやすいんだろうけど。

  • 短編の為それぞれ感想
    ●嵐の柩島で誰か死ぬ★★
    文章が合わず読みづらかった。中でも簡単な問題だと思う。
    ●メゾン・カサブランカ★★☆
    メールの内容がいまいち説得力が無い気がした。
    ●殺人トーナメント★★★
    ちゃんとメモれば犯人もわかりそうだが読み流してしまった…。オチがなかなか。
    ●記憶のアリバイ★★★
    設定が面白い。映像で見た方がわかりやすそうだと思った。

  • 1を参照

  • +++
    NHK総合テレビで昨秋放送されたミステリドラマ「探偵Xからの挑戦状 Season2」のために人気作家が書き下ろしたミステリ小説を一冊の文庫に収録。★自殺志願者5名が謎の孤島に集められた。一体誰が何のために?(辻真先『嵐の柩島で誰が死ぬ』)★アパートで大学生が自殺。警察は住人による殺人を疑うが……。(近藤史恵『メゾン・カサブランカ』)★暗殺者養成学校の卒業試験は殺し合い。勝ち進み最終課題に臨むのは誰か?(井上夢人『殺人トーナメント』)★近未来、犯罪捜査は容疑者の記憶を映像化できるまでに進化していたが……。(我孫子武丸『記憶のアリバイ』) 謎が凝縮した「問題編」を読んで、謎解きと犯人当てに挑戦しよう!
    +++

    前半にまず問題編があり、後半に解決編が配されている。挑戦されるとやはり普段以上にあれこれチェックしながら読み進めることになって、探偵気分の読書タイムであった。それぞれ事件にも謎にも趣向が凝らされているが、井上夢人氏のパズルのような謎解きがおもしろかった。なるほどなぁと感心させられる一冊である。

  • 短編4作しかもフーダニットおまけに400円代。コスパ高ーい。とても楽しく読めた。久しぶりに集中して一気読みできたような気がする。やっぱり謎解き大好き。特に井上夢人と我孫子武丸の作品が面白かったー!勉強不足で近藤史恵は読んだことなかったんだけど、あんまり文章上手じゃないのね。

全19件中 1 - 10件を表示

辻真先の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする