見えないほどの遠くの空を (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.10
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094086003

作品紹介・あらすじ

賢は大学で映画研究会に属している。四年生の賢が監督で映画を撮ることになり、ヒロインには同じ映画研究会の杉崎莉沙が選ばれる。莉沙も実は監督志望で、賢が書いた脚本をめぐって、ふたりは言い争いとなるが、撮影は進む。莉沙の最後のショットを残して、彼女が交通事故に遭い死んでしまい、映画は頓挫する。一年後、賢は莉沙にそっくりな女性を見かける。声をかけ話を聞くと、莉沙の双子の妹の洋子だった。賢は洋子を起用して残されたショットを撮影し、映画を完成させようとするが、一年ぶりに集まったメンバーは、そんな賢に途惑いの表情を見せるのだった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんか読み終わってわだかまりを感じた。ちょっと文章に違和感を感じた。

全2件中 1 - 2件を表示

見えないほどの遠くの空を (小学館文庫)のその他の作品

榎本憲男の作品

ツイートする