口中医桂助事件帖 かたみ薔薇 (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.32
  • (3)
  • (6)
  • (12)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094086140

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 志保が出てこなくなって、なんとなくまた暗い感じになってしまってる…。
    もっと明るい話の方を長めに続けた方がわたし的には好きなんだけどな…。

  • シリーズ第十一弾、何か久しぶりに読む
    何か新たなる展開か?
    身近な人々が殺されていく、犯人は分かるが陰で暗躍する何者かの影が!

  • 連続ものを途中から読んだ俺が悪いのかもしれんが、面白そうな登場人物が次から次へと死んでしまうのは如何なものか。トリック(謎解き)も極めて少なく、ミステリーと歴史奇譚モノの間で中途半端なイメージ。

  • 今回は金五が活躍。
    一人の犯人に振りまわされ、志保の父も犠牲に。
    しかも実行犯とは別に影に別の犯人がいるようです。
    平穏なままで終わればよかったのになぁ。

  • ここのところ停滞感というかマンネリ感が漂っていて、雰囲気も暗かったが少し明るくなったようなならないような?

  • 口中医シリーズ最新作です。
    まさかまさかの展開が待ち受けています。

    うーん作者はこのシリーズをどこへもって行きたいのか?
    そしてそしてあの仲はどうなってしまうのか……

  • 103 5/11-5/12

全7件中 1 - 7件を表示

口中医桂助事件帖 かたみ薔薇 (小学館文庫)のその他の作品

和田はつ子の作品

ツイートする