ブレイブハーツ海猿 (小学館文庫)

  • 小学館 (2012年6月6日発売)
4.14
  • (9)
  • (7)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :68
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094087314

作品紹介・あらすじ

シドニー発羽田着のジャンボジェット機のエンジンが爆発。機は日没前の東京湾への海上着水を余儀なくされる。最高レベルのレスキュー能力が要求される特殊救難隊の一員となっていた海上保安官仙崎大輔は、長年のバディ吉岡哲也とともに現場へ向かう。仙崎の発案で海上にライトを並べて滑走路をつくることになるが、ジャンボジェット機の燃料は持ってあと六十分。着水に成功しても、機体が沈む二十分間で乗客を救出しなければならない。しかも機内には吉岡の恋人・由香がキャビンアテンダントとして乗り合わせていた。手に汗握る緊迫のドラマを完全ノベライズ。

ブレイブハーツ海猿 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2012-83
    映画でストーリーしってても感動する。
    やっぱり海猿好きやわー。

  • 映画公開と同時に行けない歯がゆさで購入。半分読み終えた時点で、映画見に行きました。細かい部分が映画では、割合されていて、2度美味しかったです。

  • 2012年7月13日 公開

    監督 羽住英一郎
    キャスト 伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、仲里依紗、三浦翔平、平山浩行、伊原剛志、時任三郎

    http://www.umizaru.jp/

  • 先は分かるが、漫画原作よりこちらのほうが好み♪
    2012.6.10

  • 前回同様、映画公開前に読んでしまった…(笑)

    今回の制作キッカケ、なんとなく反映されている気がします。

全6件中 1 - 6件を表示

大石直紀の作品

ブレイブハーツ海猿 (小学館文庫)はこんな本です

ツイートする