謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.12
  • (99)
  • (247)
  • (426)
  • (174)
  • (76)
本棚登録 : 3214
レビュー : 323
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094087574

作品紹介・あらすじ

国立署の新米刑事、宝生麗子は世界的に有名な『宝生グループ』のお嬢様。『風祭モータース』の御曹司である風祭警部の下で、数々の事件に奮闘中だ。大豪邸に帰ると、地味なパンツスーツからドレスに着替えてディナーを楽しむ麗子だが、難解な事件にぶちあたるたびに、その一部始終を相談する相手は"執事兼運転手"の影山。「お嬢様の目は節穴でございますか?」-暴言すれすれの毒舌で麗子の推理力のなさを指摘しつつも、影山は鮮やかに事件の謎を解き明かしていく。二〇一一年ベストセラー一位のミステリ、待望の文庫化。書き下ろしショートショート『宝生家の異常な愛情』収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一番の謎はこの本が人気あるってことでしょうか…

  • 金持ちの刑事が事件の内容を執事にベラベラと話し、執事が推理する話。

  • シンプルに面白かった。
    お嬢様と執事のやりとりがユニークなコメディ。
    ドラマも観ればよかったな。

    しかし、事件の概要を微に入り際に入り執事に語れる宝生刑事は、ある意味すごい才能の持ち主でもあると思う。

  • 非常にドラマ化しやすい読みやすさ。
    そして分かりやすい推理小説。
    初推理ものを読むという学生、特に女性にオススメ。

  • お気に入りの作家さんの、一大ブレイク作品。本屋大賞も獲ったし、ドラマ化もされた。短編構成で、ミステリ的ロジックも伏線も氏のミステリ作家としての力量が存分に生かされているとは思う…

    でもでも、笑いの部分も含めて「烏賊川市シリーズ」には及ばないなぁ~なんだか小粒感が否めない。これがきっかけで名が売れたことはよかったんだろう。

    最近また烏賊川市シリーズの新刊が発刊されたよう、こっちは読まなくては!

  • ミステリーとして読むよりコメディーとして読めば面白いのでは。大富豪のお嬢様も厳密に考えると、そんな言葉遣いはしないだろうな、という感じ。テレビドラマも話題にはなったようだが、見ていないのに桜井翔の印象が強く、本の中の執事が桜井に見えてしょうがない。他の方も書いていたが、小説の印象では桜井では絶対にない、と反論しながら読んでしまった。

  • 気軽に読めるので息抜きにちょうど良かったです。
    基本的に推理後に犯人が逮捕される描写等があまりないので、影山の考えが本当に合ってるかどうかわからないのがいいのかも。
    かなりライトな一冊なので普段本を読まない人にも読みやすいでしょうね。だから売れたのかも。

  • 「お嬢様の目は節穴でございますか。」        
    で お馴染みの毒舌執事。
    難事件をすらすらと解きすごい。
    とても読みごたえがある。

  • 確かに面白い・・・デス。
    しかし、正直なところ、第一話は・・・『期待しすぎたかな?』感が。
    執事の毒舌も、そこばかりが強調されて世間に広まってしまったためか、それほどインパクトはない。
    殺しの動機も、トリックも単純だし。
    これだけだったら星二つ付けようかと思ったところでしたが・・・
    2話、3話・・・と進むうちにだんだん乗ってきたというか、面白くなってきました。
    ちょっとマンガチックですね。
    ドラマは見ていなかったのですが、音響効果、カメラアングル、俳優さんの表情やセリフの間合い・・・といったものが上手ければ、もっと面白さを引き出せるのかもしれません。

    執事は・・・やっぱり“セバスチャン”ですよね。
    あるいは“バトラー”か?
    読者も一緒に推理できる、という点では、ミステリーはいいですね。

    私としては、執事よりも、風祭警部の方がキャラが立っていると思えます。

    文章のテンポは非常に軽快で、ところどころドツボにハマる表現が有り、面白いです。
    ラノベだと思って読めば楽しめる。

  • さくさく読めました
    そして毒舌執事とお嬢さまの行方が気になります

    執事の毒舌代弁は、実は執事自身の気持ちなのかしら

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「さくさく読めました」
      ライトな感じなのかな?
      映画の予告編を見たら、お莫迦加減が良さそうだったので、読んでみようかな?と思っている。
      「さくさく読めました」
      ライトな感じなのかな?
      映画の予告編を見たら、お莫迦加減が良さそうだったので、読んでみようかな?と思っている。
      2013/06/05
    • Alice_822さん
      nyancomaruさん
      コメントありがとうございます。
      ライトでした。ミステリー?な印象でしたが、恋愛要素もちらっとだけ入っている気がしま...
      nyancomaruさん
      コメントありがとうございます。
      ライトでした。ミステリー?な印象でしたが、恋愛要素もちらっとだけ入っている気がします。
      面白く読めましたよー。ミステリーな重さはなかったですが(笑)
      2013/06/08
全323件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家

「2018年 『世にもふしぎな動物園』 で使われていた紹介文から引用しています。」

謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)のその他の作品

東川篤哉の作品

謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする