謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.12
  • (100)
  • (249)
  • (429)
  • (176)
  • (77)
本棚登録 : 3264
レビュー : 325
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094087574

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 謎解きだけを楽しむための小説。登場人物の心理描写が好きな人には向かない。

  • やっと文庫化されて、読んでみました。うん、面白い(^-^)v。

  • 警察官で社長令嬢の宝条麗子は執事、影山に事件の説明をし、
    解決できないというと、暴言すれすれの発言を!
    ドラマ化もした、大人気コメディー!

  • 子供向けのミステリー小説だなこりゃ。

  • ミステリーとしてきちんと読めば本格派なんだろうか.
    作品の軽いノリに流されて,あまり考えずに読んでしまったのはもったいなかったのかもしれない(影山が解答を話し出すところで,推理してみたら,もっと楽しめたのかも).
    全体のノリはジーヴズの事件簿に近いのかな.

  • 映像化された作品ほど読む気が失せてくるという偏屈さの元まだ読んだ事がなかったのだけど作者の他の小説は好きなのでようやく読んでみた。他のシリーズに比べたらギャグ要素は控えめに感じられる。でもキャラの濃さ(特に執事影山とか風祭警部とか)は中々面白かった。ミステリとしてはあっさりと真相が分かったものとすぐには見抜けなかったものと両方あったのでバランスが良い感じ。

  • 面白かった
    漫画のようにどんどん読める
    続編も読んでみよう

  • 自分には文体が好みではなかったので、途中で読むのを止めました。
    タイトルはかっこいいです。

  • 1度読んだ気がするけど記憶に泣く…うーんラノベ。なんでこんなに売れたんだ?ラノベは嫌いじゃないけど…

全325件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

作家

「2018年 『世にもふしぎな動物園』 で使われていた紹介文から引用しています。」

謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)のその他の作品

東川篤哉の作品

ツイートする