謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.12
  • (100)
  • (249)
  • (429)
  • (176)
  • (77)
本棚登録 : 3264
レビュー : 325
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094087574

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読みやすかったけど、トリックが分かってしまった話もあった。

  • 正真正銘のお嬢様が刑事で、その執事がお嬢様の代わりに事件の謎を解く。期待してたほど面白くなく内容も薄っぺらくて残念。けど『ひょっとしてお嬢様の目は節穴でございますか?』って執事が毒舌を吐いてお嬢様が激怒するシーンは笑った。

  • お嬢様が刑事をやっていて、でも事件を解決するのはそれに仕えている腹黒執事。短編がいくつかあり、わりとあっさりしています。読みやすいといえば読みやすいですが、もう少し何かが欲しいような気もします。

  • あまり前評判ほどでは・・人それぞれ

  • 読みやすい小説だった。影山の推理で、事件解決そのものに重点をおいた構成だった。

  • 事件の結末まで描かれてないので、数ページごとに拍子抜けする。けど、テンポがよくサクサク読めた。2も読みたい作品

  • ドラマ化されたの観てから読了。

  • 第八回(2011年)本屋大賞受賞作。本屋大賞の作品は読もうと思ってる。

    普段どちらかというと真面目な読書が多いので、いつになく娯楽な読書が楽しめた。人が死んでいる内容なのに、全体にちりばめられたユーモアのおかげで残酷さも深刻さもない。

    正直、教養や深い感動が得られるというわけでもないし、この作品が本屋大賞受賞作ということについて不満のある向きもあると思うけど、自分のように普段ほとんどミステリーに触れない人間に目を向けさせるという点では本屋大賞の意義があるかな。もし、書店員さんたちが「映像化しやすそう」とか考えていたらけしからんけど。

    読みやすいし面白いけど、続編に手を出すかは、どうかなー。

  • このミステリーは謎解きもさることながら、宝生麗子、風祭そして影山のキャラで保たれています。しかもユーモアはワンパターンながら、飽きがきません。

  • ユーモアミステリー

    ミステリーの面白さと、
    ユーモアの面白さの掛け合わせ。

    事件の悲惨さをユーモアが中和する。

    2014.10

全325件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

作家

「2018年 『世にもふしぎな動物園』 で使われていた紹介文から引用しています。」

謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)のその他の作品

東川篤哉の作品

ツイートする