今日、恋をはじめます (小学館文庫)

  • 小学館
3.55
  • (18)
  • (12)
  • (18)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 238
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094087765

作品紹介・あらすじ

高校生になったら、夢みたいな毎日が待っていると信じていた。初めての恋だって、始まるかもしれないって。だけど思ってもみなかった、その相手があんなヤツだなんて。今まで出会った中で最低最悪の、あんな男に恋することになるなんて…。日々野つばきは真面目が取り柄のダサダサ女子高生。高校の入学式当日、入試成績トップで学校一のイケメン・椿京汰に出会う。しかもいきなり唇を奪われて…!?昭和女と超モテ男、最悪のファーストキスが運命の出会いになった…累計800万部突破の大人気純愛コミックがついに映画化、その完全ノベライズ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 若いね~(*^_^*)
    よくある感じの内容だなとは思いつつ、こんな話、現実にはないんだよねーなんて捻くれつつ。マンガや映画ならきゅんとしたい人にはいいんじゃないかな。

    私もつばきのように人を小馬鹿にしてしまうところがあって、私はあんたなんかとは違うんだから!と思うことがある。
    でもその子には自分には持っていないモノを持っていたり、自分の方が格好悪かったりすることもある。それを受け止めようとすることが、自分の成長にとって欠かせないことなのね。
    相手を理解し、自分も精進する。大切。恋したいね☆

  • 少し前の本だが家の本棚にあったので読んでみた。
    一日の通勤時間で読了。
    ストーリーは恋愛小説にありそうな出会いと主人公達であったが、起承転結からハッピーエンドまではっきりとしたストーリーであったので、爽やかに読むことができた。
    気分転換に読むとすっきりする作品。

  • 冴えない女子高生がイケメン男子に見初められて恋に落ちる、少女マンガの世界そのままの、よくある設定。

  • ありきたりのストーリー

  • ザ・少女漫画!って感じ。
    わたくしこういうドストレートでよくあるストーリーでも泣いてしまうんですね〜(笑)
    彼と一緒には見る気になれないけど、一人で気負わず見るのよ。高校生の恋愛ってかわいいな。

  • 「今日恋をはじめます」は、とても胸キュンする映画にもなった恋愛小説です。最初は真面目で、ファッションセンスはイマイチのダサダサ女子高校生、日比野つばきが成績トップでルックスも学校で一番のモテ男、椿京汰と出会います。初日につばきは京汰にいきなりキスをされ、「自分の彼女にする」と宣言をします。はじめは軽薄な遊び人で最悪男と思っていたが、京汰の隠された一面に気付き、次第に心が動かされていきます。京汰に出会い、つばきは恋する事を知り、どんどん姿を変え、キレイになっていきます。
    ムカツク所も少々あったけれど、京汰の言葉や行動にキュンキュンしてしまいました。こんなことありえるのか~?と思う所もあったので夢のような恋愛を見させてくれました。一途に好きな人の事思うって素敵な事だな~と思わせてくれた一作でした。読み始めると先が気になって、あっという間に読んでしまう、本当に面白い本だったのですごくオススメです!

  • このみじゃない。

  • きゅんきゅんする♡
    そして読みやすい!

    青春だなー…

  • 映画みたーー!
    咲ちゃん可愛い♡

  • 屈折した男の子を好きになってしまったのだから、
    とことん頑張るつばきは本当に良い子だ。

    品行方正な男ばかりが良いわけじゃないし。
    つばきの本能が好きっていってるんだろう。
    そして本能で頑張っちゃった。

    あほくさー、こんなバカ男やだーとか思いながら、
    若いころってめちゃくちゃで言葉で説明できないことばっかり
    やるんだよなと思って、結局は、面白いと思った。

    映画に向いてるよね。
    武井咲は、昭和の顔っぽいので、向いていると思う。

全19件中 1 - 10件を表示

今日、恋をはじめます (小学館文庫)のその他の作品

高瀬ゆのかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

今日、恋をはじめます (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする