神様のカルテ2 (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
4.34
  • (604)
  • (471)
  • (144)
  • (11)
  • (7)
本棚登録 : 3989
レビュー : 334
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094087864

作品紹介・あらすじ

栗原一止は、夏目漱石を敬愛する信州の内科医だ。「二十四時間、三百六十五日対応」を掲げる本庄病院で連日連夜不眠不休の診療を続けている。四月、東京の大病院から新任の医師・進藤辰也がやってくる。一止と信濃大学の同級生だった進藤は、かつて"医学部の良心"と呼ばれたほどの男である。だが着任後の進藤に、病棟内で信じがたい悪評が立つ。失意する一止をさらなる試練が襲う。副部長先生の突然の発病-この病院で、再び奇蹟は起きるのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 時間を止めて、の一冊。

    涙だらけの読書時間だった。

    地域医療に対しての志。
    その志の根底に流れる幾つもの悔しい思い。

    それが一つ一つ明かされるたびに涙が溢れた。

    生があれば次は死、それは当たり前のことなのに。
    わかってはいてもいつだって悔しさは拭いきれない。

    幸せな時ほど、これからっていう時ほどその人の周りは倍の速さで時間が流れてしまう気がする。

    夫婦の時間を、今、二人に流れている時間を止めてって、何度も思った。

    そしてなんでこんなにみんな優しいの、強くて優しいの…最後はその想いが溢れた。

  • いやぁ~。
    最高です(*´▽`*)
    素晴らしい良書。

    何て初々しくて、何て切なくて、何て清々しくて、
    温かみのある小説なんだろう。

    「医者の話ではない、人間の話をしているのだ」

    帯に書かれた文字は、何のことかと思ったが、
    そういうことだったのか。。。

    1巻より、更に良い。

    素敵な職場仲間、素敵な住処の仲間、素敵な細君。
    どれをとっても素晴らしい。

    何て素敵な世界観なのだろう。。。

    読み終わり、うっとりしてしまう。。。

  • 人が生きて生きて生き抜いて、死んでいくところ。
    病院はそういう場所になる場合が多い。
    それを最後まで見届けなければならないのが医者で、そんな極限の状態だから、どんなに手を尽くしても、それを理解してもらえないこともある。
    それをわかった上で、ただ良心だけに従って働くというのは、物凄いことで、そしてそれを見守り支える周囲も、大変な状態であることは、容易に想像できる。

    このお話はあくまでフィクションで、実際のお医者さんが何を考えているのかは分からないし、それぞれ思いは違うだろうけど、すごい仕事だなと思います。

  • 《quotation》

    思えば人生なるものは、こんなささやかな受け渡しの繰り返しなのかもしれない。
    生まれた以上、いずれ死ぬのが理である。人に限ったことではない。どれほど見事な桜でも、季節が巡れば必ず散るのと一般である。
    そんなせせこましい理屈の中でも、何かを受け取り、次へとつないでいくのが人だとすれば、それはそれで愉快なことであるかもしれない。

  •  人は人であるということ。
    ときどき忘れてしまう。

    人はある職業の人物である前に人である。

    だから、とらなくてはならない行動の前に、
    とりたい行動があり、その動機がある。

    仕事としての振る舞いの前に、
    人としての振る舞いがある。

    人としての生活がある。

    それは決して忘れてはいけないこと。

    そして、人である以上、
    人から生まれ、
    いつか死ぬ。

    僕もあなたも人であるということ。
    忘れてはいけない。

  • 医者だって人間。
    生死に関わる部署で懸命に働いていらっしゃる方々には頭が下がります。
    (もちろん医者全員がそうだとおもっているわけでもないが)
    医者を支える家族も人並みならぬ苦労があることを認識しなければならない。
    昨今の緊急でもないのに救急車出動やら、緊急でもないのち夜間や休日に救急外来に押しかける人たちにも警鐘を鳴らす1冊でもある。
    外出先で読んではいけません(笑)

  • 前作に引き続き、気持ちの良い物語
    『良心に恥じぬということだけが、我々の確かな報酬である』セオドア・ソレンソン
    が印象的

  • とても面白かった。

    読みやすい展開でしたが、
    とてもハルとイチさんとの掛け合いがとてもここちよく。

    一作目も良かったですが、こちらの方が
    一気に読めたと思います。

    次回作も期待です。

  • 一作目から続いて、二作目も一気に読み上げてしまった。
    それだけ引き込まれる魅力がこの本にはある。

    今の日本の医療は問題が山積みだ。しかし、その問題を語られる時に隅に追いやられるのが医師も看護師も人間だということ。
    一歩間違えば自分が患者の側になるかもしれない過酷な環境の中で必死に戦う彼らを支えているものが、きっとこの本を読む人の心を打つのかもしれない。

  • 病気でなくなる人がいる。。。そんな病院の話なのに、何とも言えない幸せな余韻が残るシリーズ2作目。 一止さんとハルさんの愛、古狸先生と千代夫人の愛。一止と辰也の友情、大狸先生と古狸先生の友情。その他、たくさんの人の情がなんとも暖かくて、何度も涙ぐんでしまった。 星座がかすんでしまうような星屑の大海を私も眺めてみたい。そして御嶽山の風景も。。。

全334件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1978年大阪府生まれ。信州大学医学部卒業。長野県の病院で地域医療に従事。2009年『神様のカルテ』で第10回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。同作は10年、本屋大賞第2位となり、11年に映画化。300万部を超えるベストセラーに。著書に『神様のカルテ2』『神様のカルテ3』『神様のカルテ0』『本を守ろうとする猫の話』『新章 神様のカルテ』などがある。

「2019年 『勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夏川草介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
夏川 草介
有効な右矢印 無効な右矢印

神様のカルテ2 (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×