くちびるに歌を (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.88
  • (180)
  • (317)
  • (207)
  • (26)
  • (4)
本棚登録 : 2207
レビュー : 258
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094088816

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とある読書会で紹介いただいた一冊。
    舞台は長崎は五島列島のとある中学校。

    そこの合唱部に、ちょっと風変わりな美人ピアニストが、
    顧問として来るところから、物語は始まります。

    それまでは女子部員だけだった合唱部ですが、
    そこに美人顧問目当てに入部してきた男子部員が参加。

    そして、動機が動機だけに、真面目に練習をしない男子、
    当然のように、男女の対立が始まります。

    それを知ってか知らずか、部員たちに、、
    「15年後の自分への手紙」を書く課題を出します。

    それをきっかけに、というわけでもないのですが、
    徐々に一つにまとまっていく様子が、青春だなぁ、、と。

    15年前の自分は何をしていたのかな、
    そんな風に思ってしまうのはやはりいい年だからでしょうか。

    『楽隊のうさぎ』とあわせて子どもにも読ませてみたい、
    そんな風に感じた一冊です。

  • Nコンに出場し良い結果を残そうする女性部員
    産休の先生に代わって来た綺麗な代休教員目当てで入部する男子
    男子と女子のイザコザや恋愛模様、家庭環境を1人の男子部員と1人の女子部員目線で書かれている。

    合唱を中心に書かれている作品かと思いきや合唱を軸とした周りの環境中心に書かれている。
    最後は感動でホロリとしました。
    映画まだ見てないので見てみようと思います。

  • 長崎弁が入った文だったが、分かりやすくて面白かった。

  • 五島列島の中学の合唱部がNコンの予選に出るまでの話。

    男女1人ずつ、視点となる部員がほぼ交互に代わっていく。どっちなの?と混乱する時もあったけど、だんだん慣れてくると「これはどっちかな?」と楽しみながら読めました。

    最初から微笑ましい文章で一気に読めました。
    中学生のやり取りが楽しかったり、歌うことを本当に楽しんでいて上達を目指してる姿が清々しくて気持ちが良かったです。

    初めて読んだ作家さんでしたが、他の作品も読んでみたくなりました。

    と思って調べたら実は乙一さんだった。
    乙一さんも読んだ事は無かったのでやっぱり初だったw
    全然違う作風を別名義で書きたかった、と言っていたのを見かけた事があったので、乙一名義作品を読みたいとは思えないけれど…

  • いい歌だよね。最後泣いてしまった。

  • 感動した。
    読みやすく爽快。いいお話でした。

  • 際立つ盛り上がりはない。しかし爽やかで心がほっこりする読了感。
    ねじめ正一氏がストイックに手練れの技を抑制していると、評している。なるほど、これがこの爽やかさにつながっているのか。

  • う〜ん、なんとも爽やか。長崎県五島列島にある中学校の合唱部のお話し。
    潮の香りがこっちまで漂ってきそうな、田舎ののんびりした雰囲気とそこで暮らす人々、中学生たちの純粋さが心を洗ってくれる様な気持ちになった。

    NHK全国学校音楽コンクール(通称Nコン)を目指している合唱部が描かれている訳だか、いわゆるスポ根の様な暑苦しいものではなく、そこでの人間関係が緩やかに描かれている。友情、家族、絆、対立、淡い恋心等々…。

    しかしこの小説、ラストがヤバイ。ちょっとズルくない?それって感じで思わす泣いてしまった。
    ナズナの思い出のドロップの話しとか、桑原くんの15年後に宛てた手紙とか、そこで持ってくるか〜といった感じ。

    人生で一度しかない青春時代、やはり特別な瞬間ですね。

  • 合唱を聞くの苦手で、中学生が発表会で歌ってるのでもウィーン少年合唱団が歌っててもダメなわけで、何がダメってあのボエーって謎の高音域で歌ってる感じとかがむずがゆくなってダメ。
    でもこの本を読んでみると、聞く方がどうっていうか、歌う方が楽しんでるというか癒されるというか。カラオケがいつの時代もそれなりに支持されるみたいに、思いっきり歌うのっていろいろ良い効果がありそうだよねぇ。きっとNHKとかで特集されたこともあるだろうな。
    カラオケは概ね一人だけど、合唱で皆の声がうまく合わさる瞬間のゾクゾク感も分かるぞ、分かる。だいたい人はシンクロする瞬間に快感を覚えるみたいで、波に見事に乗れた瞬間とか、DJが曲の切り替わりを見事に繋いだ瞬間とか。
    というわけで語ってはみたものの、一番のポイントは今までずっとぼっちで過ごしてきた少年が合唱を通して自信をつけて美少女をゲットする流れがどんだけー、ってなくらい出木杉っていうか男の夢を叶えていて、ホント男ってしょうがないわね、って話。

  • 4.0 後半子どもたちの思いと成長が歌と重なっていく。映画よりよかった。柏木先生は、ガッキーじゃないイメージ。母の言葉が蘇る場面は涙もの。

著者プロフィール

1978年福岡県生まれ、2008年『百瀬、こっちを向いて。』でデビュー。他の著書に『吉祥寺の朝日奈くん』『くちびるに歌を』『私は存在が空気』。別名義での作品も多数。

「2017年 『僕は小説が書けない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

くちびるに歌を (小学館文庫)のその他の作品

くちびるに歌を Kindle版 くちびるに歌を 中田永一
くちびるに歌を 単行本 くちびるに歌を 中田永一

中田永一の作品

ツイートする