川端龍子 詠んで描いて四国遍路 (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094115116

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    「愛染」「鳴門」など豪放な大作で知られる日本画の巨匠・川端龍子が四国遍路に出たのは戦後間もない1950年のことだった。
    龍子は、妻と息子の菩提を弔うと同時に風景画を極めたいと写生帳を携え、65歳から6年がかりで88カ所すべての札所をスケッチしながら巡り終えた。
    それらは「草描(そうびょう)」と名付けた墨画淡彩の作品として発表されている。
    『ホトトギス』同人でもあった龍子の俳句と短い探訪記が添えられた全作品を収録。
    世に数多ある遍路紀行本とは一線を画す、格調高い画文集。

    [ 目次 ]
    徳島―発心の道場
    高知―修行の道場
    愛媛―菩提の道場
    香川―涅槃の道場
    高野山金剛峯寺奥の院

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 651夜

全2件中 1 - 2件を表示

川端龍子の作品

川端龍子 詠んで描いて四国遍路 (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする