Story Box1

著者 :
  • 小学館
3.10
  • (1)
  • (4)
  • (12)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 66
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094120011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新しく発見したシリーズもの

     最初の「誤飲(仙川環)」は既読。イマイチだったな。

     次の「「誤飲」について・第1回」はエッセイ? なんか意味不明。

     さらに「夜行(森見登美彦)」は全く意味がわからない。オカルトなのかな。しょうもない。

     そして、これからあとは一話完結ではなく続きもの。一気にこのシリーズ借りているからいいけれど、リアルタイムだと次が出る頃には忘れてるんじゃないかと余計な心配するなぁ。

     まずは居なくなった金持ち老人「救出(笹本稜平)」。そして、アルツハイマーの親と同居する「命名(久保寺健彦)」。教場からの作品、というか教場の最初の話「初任(長岡弘樹)」と続く。

     とにかくおもしろいのが「ザ・キャビネット(室積光)」。国家危機に突然公けにされた第二内閣だって。続きが楽しみ。なお、この作品は、目次では「返信、金脈」の次なんだが、実際には「初任」のあとに位置している。?不思議?

     そして、新しい作家さんに続く。「返信(野島伸司)」は女子高生五人一気自殺のメールが担任に届くという筋。続きが楽しみかな。

     「金脈(岳本野ばら)」は犬の首輪を外し回る老人が主人公。今回は導入編かな。

     自分でも驚くほどのめり込んだのが「小太郎の左腕(和田竜)」。馬上の武将の活躍は、学生時代にむさぼり読んだ三国志を思い出す。そういえば、ここ数年この手の話は読んでなかったことに気づく。次がもっとも楽しみな作品だ。

     ラストは「狗賓童子の島(飯嶋和一)」だが、文体が合わずにパス。

     続いてボリウム2いくぞ!

  • 連載になっていて、話が途中で途切れ、大変読みにくい。中には面白そうな話もあっただけに残念。

  • 森見氏の作品が載っているということで読んでみた。
    が、大好きな阿呆系ではなくて、きつね系の話だった。残念。
    でも、今まで読んだことのない作家さんの作品を読めてよかった。

    和田竜氏の作品が面白かった。
    「のぼうの城」を読んでみたくなった。
    「返信」もおもしろかった。

    2011-61

  • ¥265(送料込み)=中古品。

  • 文庫の連載って面白い。好きな作家が少なくても文庫だと買いやすくていいと思う。読みきりをもっと増やしてもらえればなお良い。

  •  「誤飲(仙川環)」と「夜行(森見登美彦)」は完結。その他は連載です。さすが連載を前提に書いているだけに創刊本の本書を読めば、つづきが気になって仕方がない。良くできた連続ドラマのように止められない状態になりそうです。

     森見登美彦氏の「夜行」はいつものほのぼのした妄想系ではなく、『きつねのはなし』と同じくちょっと不気味な妄想系です。

     森山大道氏の写真もなかなか良い味を出しています。

  • 覚えてられるかなあ・・?
    バラエティにとんで結構よさそう。しばらくは様子見だな。

  • タイトルになってる「誤飲」
    短い話だけどどんでん返しがちゃんとあって
    「そーだったのか!」って感じです。

  • みなさんのレビューを見て、即買いました!
    森見登美彦さんが好きなので楽しみです^^

  • 購入:2009/10/11、読了:2009/12/11

全13件中 1 - 10件を表示

仙川環の作品

ツイートする