STORY BOX 11 夜行

  • 小学館
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094120110

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  今回は長岡弘樹氏の「初任」が良かった。「ザ・キャビネット」(室積光)、「偏差値70の野球部」(松尾清貴)は絶好調だ。
     
    「夜行」(森見登美彦)
     第四夜 福島 (後編)
     紺野さんって、妙に気になる女だ。



    「北上次郎の本の話」(第十一回「夜行」について)
     北上氏オススメの『無名碑』(曽野綾子/著)は絶版になっている。古本で注文。高くついた。



    「初任」(長岡弘樹)
     第四話 ”収斂”
     人が信じられなくなる。もともと、信じちゃいないが……



    「異境」(堂場瞬一)
     第六回。
     二階が取材していたのはどんな大きなヤツなんだ?



    「血筋」(三羽省吾)
     第二回。
     警察官の血を受け継いだ二人の兄弟。兄はキャリア。弟は所轄の刑事。兄が所轄に配属になった。異例の人事の裏に何かある。



    「ザ・キャビネット」(室積光)
     第九回。
     北朝鮮が日本に向けて発射した核ミサイルは失速し新潟県糸魚川市の海岸に乗り上げた。不発だったとはいえ、いよいよ戦争突入かと思いきや……



    「金脈」(嶽本野ばら)
     第十一回。
     宮城県で石油採掘にいそしむヒッピー崩れのジジイは実はロリコン・アイドル・オタクだった。そんなこととは全く関係なく、出ちゃったよ! 炭素と水素が硫黄や窒素など凡そ三〇種の金属元素と結合した物質。それは紛うことなき……



    「偏差値70の野球部」(松尾清貴)
     第七回。
     野球部としての練習をした野球部に映研が勝っちゃったよ。偏差値70の優秀頭脳恐るべし。
     
    「狗賓童子の島」(飯嶋和一)
     第十回。
     前前前前前々回より連載を細切れに読むのは無理と判断し飛ばす。

  • 第四夜・後編

  • 購入:2010/6/5、読了:2010/6/11

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

小説家。1952年山形県生まれ。1983年「プロミスト・ランド」で小説現代新人賞を受賞しデビュー。88年「汝ふたたび故郷へ帰れず」で文藝賞受賞。(上記の二作は小学館文庫版『汝ふたたび故郷へ帰れず』に収録)2008年に刊行した単行本『出星前夜』は、同年のキノベス1位と、第35回大佛次郎賞を受賞している。この他、94年『雷電本紀』、97年『神無き月十番目の夜』、2000年『始祖鳥記』、04年『黄金旅風』(いずれも小学館文庫)がある。寡作で知られるが、傑作揃いの作家として評価はきわめて高い。

「2013年 『STORY BOX 44』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯嶋和一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
飯嶋 和一
あさの あつこ
あさの あつこ
森見 登美彦
森見 登美彦
仙川 環
森見 登美彦
飯嶋 和一
あさの あつこ
室積 光
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×