私が食べた朝食365日 (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094165012

作品紹介・あらすじ

男の朝はわけアリ。宿日酔いに苦しむこともあれば、別れの哀しみを乗り越えたときもある。そんな一日を乗り切るために朝飯がある。「朝食を充実させられるのは、家庭料理だ。それで一日が始まる。はじまりのエネルギーを補強すべき料理でなくてはならない。朝食を、さらりと作れるようになれば、カミさんとして合格。少なくとも努力して十年はかかる」写真家、エッセイストであるとともに料理人としても著名な西川治氏が、三六五日の朝食を酒脱な文章で綴った実録的食卓エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんとなく本棚から出して読み返した。現在はもう70歳を過ぎていらっしゃる西川さんの、40~50代の頃の日々の朝食の記録。

全1件中 1 - 1件を表示

西川治の作品

私が食べた朝食365日 (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする