「柄」きものと帯 (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094166415

作品紹介・あらすじ

四季おりおりの花、風物、自然現象、身近な道具、物語の一シーン…などなど、さまざまなものをデザイン化し、柄として織り込んだ素晴しい衣裳の数々。いま、きものは、密かなマイ・ブーム。洋服のように型のデザインがないので、決して古びません。帯や小物との組み合わせで、自分だけの着こなしが楽しめ、尽きることがありません。そろそろ洋服のおしゃれに飽きたという着道楽の方々に、きもののおしゃれを提案します。それも、仰々しい式典向きではなく、いつもの自分が輝く、何気ないきもののおしゃれを。さあ、心躍る、きもののドレス・ダウン計画をはじめましょう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私が季節の着物を楽しめるようになるのはまだまだ先だろうけど、着物は絵のように楽しめるのがいい。

全1件中 1 - 1件を表示

浦沢月子の作品

ツイートする