三回死んでわかったこと (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 10
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094186314

作品紹介・あらすじ

一九五七年、慶応大学在学中に松竹の専属俳優として映画界にデビュー。以後青春スター、アクションスターとして人気を集めた川津祐介。だがその人生はイメージとは異なり、波乱の連続だった。一九歳で自殺決行。このとき「地獄に行った」。三四歳、撮影中の事故で「天国を見た」。そして五九歳。心筋梗塞で三度目の「死」を体験。無神論者だった著者は、このような体験を重ねて「人は大いなる何者かに生かされている」ことを実感する。「生きることには、必ず意味がある。無駄な人生などないのです」-と。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白くない。
    アドルム。

全3件中 1 - 3件を表示

川津祐介の作品

三回死んでわかったこと (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする