実録「取り立て屋」稼業―元サラ金マン懺悔の告白 (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094187199

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「サラ金」の社員を世間一般で考えた場合、「ナニワ金融道」のようなイメージが強い。

    パンチパーマで手には指輪。関西弁で「おい、こら!」とまくしたてる口調。

    やはり恐い印象を持たせないと、借りたお金が返ってこないわけだ。

    確かにそういう金融会社の人は存在する。



    しかし、「サラ金」というのは正式には消費者金融業といい、一部上場企業もあるわけだ。

    その中で働いている人たちがみなパンチパーマかと言えば・・そんなことはない(笑)

    男性も女性も、会社に貢献するために汗を流して仕事をしているのだ。



    しかし、この本で書かれている「某大手消費者金融会社」の実態。

    お金を取り立てることはゲーム感覚になり、人の嫌がることをすることによって実績を上げる。

    なかなか支払いに応じない多重債務者が自殺し、団体生命保険からお金が返ってくることに喜ぶ会社。

    ・・・だんだんと主人公は「これでいいのか?」と自問自答するのだ。

    彼は結局、4年後に退職する。そして現在は、多重債務者の相談員として活動しているとのことだ。




    多重債務に陥る原因は、決してギャンブルや浪費だけでなるわけではない。

    突然のリストラや病気で収入が絶たれ、それでも生きていくためにお金を借りる場合もある。

    一概には言えないが、決して消費者金融業が「社会悪」と切り捨てることにはならないだろう。

    借りるほうも貸すほうも、きちんとルールを守る・・その実現ができさえすればいいのだが。

全2件中 1 - 2件を表示

実録「取り立て屋」稼業―元サラ金マン懺悔の告白 (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする