僕達の失楽園―泉&由鷹シリーズ (パレット文庫)

著者 :
制作 : あさぎり 夕 
  • 小学館
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094204766

作品紹介・あらすじ

イブの夜-すべてを天野に委ねることに決めた僕は、天野宅を訪れた。操り人形のように、彼にされるがままになるために…。しかし天野の巧みな言葉に誘われるうち、僕の中に、今まで感じたことのない感覚が芽生えはじめてしまったんだ。それは、僕の中で眠っていた男としての本能だった。大好評、泉&由鷹シリーズ、第6弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  イブの夜――
     すべてを天野に委ねることに決めた泉は、天野宅を訪れた。
     ところが、天野の巧みな言葉に誘われるうちに、泉の中の男としての本能が目覚める――。

     というような内容でした。
     シリーズモノ。

     てっきり、泉は「総受け」なのかと思いきや、まさかの展開。
     泉は女になる前に、男になってしまいました。

     そうかー……リバ有りで読まないといけないのかー……という新発見。
     いや、前々から、由鷹が伊達とであれば、伊達×由鷹だったりして、リバ要素は満載だったんですが、でも、実際、そのシーンを描写されるのと、伝聞形式で「そうらしい」って知るのとではわけが違いますもんね。

     というわけで、ますます読む対象を限られてしまった本でした。
     まず、あっちでいちゃいちゃこっちでいちゃいちゃしているのが平気で。
     なおかつ、リバ要素が大丈夫な人でないと読めない本だと思います。

     個人的には本当は苦手ですが、ここまで付き合ったので最後まで行きたいと思っています。

     それから、再び新キャラが登場。
     今度は、由鷹の従兄のライオンさん。

     考古学者の母親の影響で、ブラジルに住んでいたという彼は、サッカーも上手で、おまけに由鷹に甘えを許さない唯一の存在。
     だからこそ、自分に甘えてくる由鷹を奪おうとする憎き存在として泉は察知して。

     おまけに、伊達とは結局うまくいかなくて、縁が切れちゃうけど――と。
     付き合ってもいないのに、うまくいく、いかないの話が出てくる辺りが、このシリーズの不思議なところなんですけどね。

     そんなこんなで、相変わらずバタバタ。
     結局、本命は誰と誰なのか……。
     というか、こんなに乱れきった男男関係があったらお目にかかってみたいです。

全1件中 1 - 1件を表示

あさぎり夕の作品

ツイートする