昏き神々の宴―封殺鬼シリーズ〈21〉 (小学館キャンバス文庫)

著者 :
制作 : 西 炯子 
  • 小学館
3.49
  • (7)
  • (4)
  • (23)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094305715

作品紹介・あらすじ

茨城県、鹿島。-大地を震わせ万物の生命を育む東方木気の地は、いまだ霊力を回復する兆しがない。その切迫した状況に、ついに中央は使役鬼を派遣するよう、『本家』に申し出た。鹿島神宮に赴いた弓生と聖は、そこで起こった怪異を目の当たりにする。湿地と化した境内、蠢く蛇の群れ、散乱する魚の死骸…。そしてついに、かつて抹殺された神が人々の前に姿をあらわした-!まつろわぬものたちの怨念こもる茨城の地で、二人の鬼を待ちうけていた運命とは…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・表紙聖とユミちゃん美人すぎやしまいか
    ・満身創痍達彦さん
    ・佐穂子さんのアタックが空振りすぎて聖・・・聖お前・・・
    ・聖のことになるとすぐこっぱずかしいモノローグと共にポンコツるユミちゃん
    ・ここで終わるんですか!!?

  • 中央から神島に鬼の貸し出し要請あり。
    佐穂子はご立腹で大反対だが、神島の一存で成立。
    鬼二人は鹿島へ。
    そこで蛇神に聖が憑かれて、中央の術者を殺してしまう。
    中央から追われる立場になった二人は、高良の機転で身を隠すことになるが・・・。
    今回は聖受難。達彦は色々懲りているのか、いないのか。相変わらず飄々としていたけどね~~。
    三吾も自分の立場をとうとう自覚せざるを得ない状況に・・・

全2件中 1 - 2件を表示

霜島ケイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする