ぼくらの~alternative~2 (ガガガ文庫)

著者 :
制作 : 鬼頭 莫宏  鬼頭 莫宏 
  • 小学館
3.66
  • (9)
  • (16)
  • (24)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 117
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094510201

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 原作越え鬱展開ノベライズ第2弾。,ワク、チズ、キリエの3人が登場。,表紙の人物がパイロットという趣向なのです。,ワク:原作ではトップバッターでしたが、本作では終盤まで残るかと思わせましたが…。その退場のしかたが…。,チズ:原作では「もひろん」渾身の鬱展開キャラだったチズですが、こちらはまさに原作越えの鬱展開をみせています。,しかし、最後がサプライズです。,キリエ:1巻から思慮深いシーンが印象的でした。ページは余り割かれていないのですが、キリエらしさが原作同様盛り込まれています。

  • ワクがこういう終わり方を選ぶとは、正直思わなかった。私の印象ではもっと単純なアツイヤツ、だったから。
    またその繋がりでチズ。チズはチズ。ダークさに拍車がかかっているが、こちらのチズの方が説得力があるように思う。幕引きも納得できた。
    が、チズの子。
    ありえないでしょう。ここで★-1した。
    キリエは、、、本当にすごい子。
    誰よりも考え、誰よりも悩み、誰よりも納得して死んでいったと思っている。(あくまで今のところ(笑))
    こちらも原作キリエには見られなかったカコへの友情など、文字媒体ならではの理解もあった。

  • 未読

  • 今回はワク編、チズ編、キリエ編と全て原作キャラクター達の話です。
    この巻は全てキリエ編でしめられている気がします。それほどまでにキリエ編は内容が良かったです。ぼくらの、と言う物語の根本的な意味を問いかけるような、そんな話でした。

    ただ余りにも専門用語が多すぎてチンプンカンプンなのと、ワク編はワク自身の描写が少ないようにも感じました。

ぼくらの~alternative~2 (ガガガ文庫)のその他の作品

大樹連司の作品

ツイートする