天元突破グレンラガン 1 (ガガガ文庫)

著者 :
制作 : 中島 かずき  中島 かずき  品川 宏樹(GAINAX) 
  • 小学館
3.47
  • (12)
  • (15)
  • (40)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 146
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094510218

作品紹介・あらすじ

「お前のドリルで天を突け!」-地下にある村・ジーハで、村を広げるための穴掘りをしていた少年シモンは、ある日、掘り進んだ先で偶然、不思議に光る小さなドリルを見つける。それがすべての始まりだった…。遥か未来、地上を追われた人類たち。そして、まだ自分の運命に気づかぬ一人の男の物語。GAINAXが総力を結集して作り上げたまったく新しい合体ロボット神話『天元突破グレンラガン』が、脚本スタッフの手により小説化!TV未発表のオリジナルストーリーも収録!グレン団不撓不屈の鬼リーダー・カミナとシモンの度胸合体グレンラガン!そして男たちの涙の別れを描いた第1部堂々登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 普段ノベライズはあまり読まないが
    グレンラガンは
    とても好きな作品なので
    ノベライズにも手を出してみた。

    アニメ版を結構覚えていたから
    スッと入れたけど
    小説だけだったらどうなんだろう。
    でもやっぱりアニメの方が好き。

  • いつまでも大好きな作品のひとつ。アニメが終わった頃に購入したかと思う。
    なかなか内容をいい具合に忘れられないので未だ二回程しか読了していないが、充分に胸が熱くなったように思う。まだアニメが記憶に新しい頃、アニメと少し違う展開、敵に、想像するだけでわくわくしながらページをめくった。それでもやはりアニキの事は変わらない。必要と分かっていても、悲しくて涙した。

    いつか、私の中でこれを超えるアニメ作品に出会いたいと切に願っている。

  • ノベライズと思わずに、少し詳細な脚本と思った方が良いかも
    アニメでは省略されてた設定についてかかれてたりしてる
    全4巻完結で、この前4巻出たけどまだ買ってない

  • アニメよりももう少し噛み砕いてキャラの心情が描写されている。けど単品で楽しめるものではなく副読本といった感じ。

  • やべー!すげえ楽しい。面白い。なんでアニメ見なかったんだろう。

  • カミナ編が収録してあるグレンラガンの文庫。アニメとはまた違うストーリが入ってたりするのでまた楽しめます!

全6件中 1 - 6件を表示

天元突破グレンラガン 1 (ガガガ文庫)のその他の作品

砂山蔵澄の作品

ツイートする