ぼくらの ~alternative~ 4 (ガガガ文庫)

著者 :
制作 : 鬼頭 莫宏  鬼頭 莫宏 
  • 小学館
3.82
  • (8)
  • (15)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 96
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094510416

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • モジやマキのエピソードが良かった。原作読み直すべきだよなぁ…。世界規模の争いになった今、物語にどう決着をつけるのか。マーヤの思惑は?ウシロは?地球の未来は?最終巻次第でノベライズの評価が決まる、、

  • ぼくラノ第4巻。カナ、マリア、コモ編を収録。
    コモ編でダイチと同様思わぬ形で登場したマキ、原作では突っ込んで描かれなかった国家間の争いなど非常に楽しめた。関さんは小説版でも格好良かった。この世界でも色々な人においてゆかれるウシロはどう行動するのか、物語の決着がどうなるのか非常に気になる。

  • タイトル=操縦者という流れですから、遂にきたか・・・という感じですね。
    ウシロはどうするんだろう・・・そんな事を考えていました。
    アニメ版だと非契約者なのに・・・
    最後の最後まで今まで通りの兄妹でありつづけようとするのは、健気と言えるかもしれませんが、それで良かったんだろうか、という気持ちもあります。
    ではどうすべきだったか、と問われても、答えはないです。

    最後には遂に各国が暴走、というか最後の引き金を引いてしまいましたね。
    いつこうなってもおかしくは無かったでしょう。
    さて、まだ戦闘は終わっていませんが、次の戦いはどうするでしょうねぇ。
    よもやホーム戦で負けて終わり、なんて結末に・・・?そんな事を考えます。

大樹連司の作品

ツイートする