時間商人 不老不死、売ります (ガガガ文庫 み 1-4)

著者 :
制作 : カズアキ 
  • 小学館
3.53
  • (10)
  • (19)
  • (25)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 170
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094510843

作品紹介・あらすじ

不老不死を必要とする者の前に、時間商人の助手は白い猫を連れて現れる。本塁打王を争うプロ野球選手・和敏、老いた容貌の少年・健太郎、人気絶頂にある歌手のアツミ。それぞれの理由から老いを止めたいと願う彼らに提示される、時間商人トキタの契約。自分の寿命か金銭を支払えば、トキタは顧客に特別な10年間を提供する。それは老いず、怪我や病気をせず、絶対に死ぬことのない「期間限定の不老不死」。トキタの店に足を踏み入れた瞬間、人々は数奇な運命に導かれ始める-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 時間を題材にしたことの持ち味がちゃんと活かされてる。

    話のまとめ方上手くて唸らされた。

    最終章での伏線回収ラッシュは、やっぱり気持ちいいものだね。

    この小説を書いている人の正体や、あとがきなど、作品のトータルプロデュースもしっかりなされていてスゴイ。

    ちょっと説明的すぎる文章かなって思ったけど、それもまぁ味といえば味になってる。

  • 既巻4冊。
    1、2、3巻はどれも最後でドキッとする。

  • とりあえず一言。騙された!表紙の金髪少年にふらふら~と吸い寄せられるようにポチったら、彼は彼ではなく彼女だったっていう。表紙もBLをよく描くイメージのカズアキさんだったし。くだらないことだけど、キャラ萌え目当てで買った私としては大問題!少し落ち込みました。あー。けど、不老不死を買っていくお客様の人生を追う内容は、行き着く先が気になって十分おもしろかった。野球で始まり野球で終わったから水市さんは野球好きかと思ったら、別段そうじゃないみたい?最後はすべての物語が一つになる。こういうの嫌いじゃない。

  • 全体的に野球がテーマなのは何故だろう?
    中途の巻ならば分からなくもないけれど、初っ端からここまでこまかく野球の様子を描写したライトノベルというのはちょっとどうなんだろうと思ってしまいました。
    私は野球が分かるしとても好きだからついていけるが、これがバスケやバレーだったらと思うと本来のおもしろさがどこかへ行ってしまうくらいの比率で野球描写がある。

    謎である。

  • 図書館から借りました

     推理。舞台は日本。
     商人トキタ。助手カナタ。白猫のミケ。

     10年だけの不老不死を売る商人の話。
     名字が登場しないので、ラストで驚かされる。

     え。
     親子かっ。
     え。
     姉妹かっ。

     と。
     そのへんは巧い。
     不老不死を手に入れて「幸せになりました」という話ではない。
     直接ではなく遠回しに、得難いものを手に入れる。
     親子対決とか。いろんなものを。
     不老不死で目当てのものを手に入れられたのは、一人だけ。
     それだって、不老不死を手に入れなければ人の半分の命しかない少年であったから、やっと普通、だろう。

     軽い割りに深淵。
     で、なんか野球ネタが多い。
     最初なんか、弟が死ななかったタッチ?かと。

  • 2010/09/19:表紙買い。不老不死を求めるには皆良い人ばかりで、綺麗に纏まりすぎている感はありますが、読後感が良かったです。

  • 章立てで話は続くのに、目次が無いことが変だなぁと思ってたら、各章の主人公たちは関連性があって、最終章で一つにまとまる構成となってた。
    他にも、「ライトノベル(あとがき含め)なんだから、これってフィクションだよね?ノンフィクションの部分なんてないよね?」と読み手が思ってしまうほどの文体に感嘆しました。

    私はこの筆者の前作品である「携帯電話俺」(シリーズ三冊完)は、1で読むのを止めてしまっていたので、今作品の出来具合には大満足。


    不満な点としては、三つほど。
    ひとつめ、頭のカラーページイラストで、浩が(彼も話の中では重要な人物だと思ったのに)描かれていなかったこと。

    ふたつめ、同じくカラーページイラストのロージンはもっと老人っぽく描いて欲しかった。あれじゃ、なにかしらの影を持ったミステリアスな美青年という印象を受ける。

    みっつめ、登場する女子の恋愛に関する内面描写が荒い。なぜ好きになったのか、好きなのにあきらめたのはどうしてか、などといった過程がすっ飛ばされてる。まあ、これは男子を読者対象としてる作品だから、仕方無いかなぁと思う部分もある。

  • タイトルに惹かれて。

    話の構成がすごかった。

  • 表紙に惹かれて購入。

    なんか先の読めないような読めるような展開でした。
    ロージンの話が好き。
    最後の親子対決はすごくゾクゾクした…!あの関係は気付かなかったなー。

    後、カナタを男の子だと思ってたことも敗因…。

  • 私的には野球少年たちの物語が好きです。

全12件中 1 - 10件を表示

時間商人 不老不死、売ります (ガガガ文庫 み 1-4)のその他の作品

水市恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
紅玉 いづき
紅玉 いづき
有効な右矢印 無効な右矢印

時間商人 不老不死、売ります (ガガガ文庫 み 1-4)を本棚に登録しているひと

ツイートする