スマガ 1 (ガガガ文庫)

著者 :
制作 : 津路 参汰 
  • 小学館
3.71
  • (4)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094510966

作品紹介・あらすじ

気がつくと空の中にいた。落ちていた。記憶喪失だった。一体どういう展開、コレ?オレ、うんこマン(仮)が放り出されたそこは、謎の怪獣・悪魔の空襲が続く伊都夏市。迫りくる脅威に対する美少女たち-魔女は、戦いの中で、その身を捧げる運命にあった…。悲劇の少女が犠牲になって、セカイは救われメデタシメデタシ?そんな結末、オレは絶対認めない!!何度死のうと生き返って、物語をハッピーエンドにしてみせる!ニトロプラスが送る話題の人生リベンジADV『スマガ』が、早くもノベライズで登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人生リベンジADVというタイトルのゲームだったので、死んでハッピーEDを目指すんだなと予想はついたけど、この1巻だけでも綺麗にまとまっていたので続きも買いました。

  • 読んだよ.
    スマガの小説版だそうで.
    この本はアレだ.
    一周目のうんこマンのスピカルートのみです.

    というわけでミラルート,ガーネットルート,
    そして2代目うんこマンルートへと続いていくのでしょう.

    うん,やっぱスマガは面白いね.

  •  ニトロプラスのPSCゲーム『スマガ』のノベライズ。イラストは原作通り、津路参汰さん。特徴的な絵を描く方で、肉感的なイラストが素晴らしいです。すーぱーそに子を描いてらっしゃる方ですな。
     さて。スマガ本編はまだ遊べていないのですが、この第一巻はいわゆるスピカルートということでよいのでしょうか。冒頭から見事なスパイラルマタイっぷり(訳:空から落下)を見せる我らが主人公、“うんこマン(仮)”が最初に攻略するのは王道ツンデレスピカ嬢。シナリオも、比較的感情移入し易いものだったと記憶しています。
     なお原作のシナリオライターは下倉バイオ先生(今はシュタインズゲートにも関わったことで有名でしょうか)ですが、この人にループものを書かせたら凄いなあというのが、このノベライズ版からもひしひし伝わってきました。
     うんこマン(仮)は何度でも死ぬっ。

  • 描写が途中からちょっとわかりにくくなったような気もしたけど、ストーリーの濃さは凄いと思った。ゲームが原作なのだと思うけど、ループをうまく生かしてて原作もやってみたくなった。続巻にも期待したい。

全4件中 1 - 4件を表示

スマガ 1 (ガガガ文庫)のその他の作品

スマガ1 (ガガガ文庫) Kindle版 スマガ1 (ガガガ文庫) 大樹連司

大樹連司の作品

ツイートする