君が僕を~どうして空は青いの?~ (ガガガ文庫)

著者 :
制作 : 山田 あこ 
  • 小学館
3.58
  • (5)
  • (7)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :88
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094511451

作品紹介・あらすじ

昔はどこの商店街にもいたらしい商売繁盛の神様"恵まれさん"が、私の街のショッピングセンターに、復活。たいていはおばあさんだったのだけれど、今度の"恵まれさん"はなんと中学三年生。しかも、"執事"をともなって私のクラスに転入してきた!お金に一切触れてはいけない決まりだという"恵まれさん"。日々の生活をサポートするのが"執事"だなんて言っている。お金に触れないなんて、そんなのムリ!本当はどうなの?なぜ、そんな野生動物みたいな微笑みなの?気になる…気になる…好きになる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オールタイムベスト級の傑作百合小説。
    主人公とヒロインを繋ぐ線が「経済」という点がまた特異。
    メタ構造に落とし込まれたラブストーリー。思索的かつ哲学。
    この小説について考えるだけで、ちょっとどうにかしちゃうくらい好きなんですが、真面目に語ろうとすると言葉が足りない。コメント欄が狭すぎる。
    「ラノベ枠をはみ出している」作品のひとつです。

  • 百合ラノベです。最初に買ったのは4巻(表紙買い)でした。中里十さんの作品は「どろぼうの名人」も読んだことがあるのですが私は少し苦手です...情景が思い浮かびにくいというか、『えっ、いつこんな場面になったの?』ってことが...。しかし今作は一巻の目潰しが衝撃的だったのとイラストが綺麗だったことから全巻制覇してしまいました。縁が好きです。

  • 主人公が過去を振り返っている、という設定で、時折現在の主人公からの分が出てきます。そこでは、彼女のかつての友人を登場させ、少し不思議なつくりになっています。
    内容としては、哲学的な描写が多いです。
    なんとなく単調ですが、最後まで読んでみると、少し驚くことがあるかもしれません。

  • どろぼうの名人よりもわかりやすくなっている。しかし、捉えきれない魅力もまた健在。宇宙の距離を見通すように、人と人との断絶を見通そうとするのが作家の仕事なのだろうか?

  • 最初は駄作かと思ったが後半のどんでん返しが効いた。
    2からまた面白くなっていくと思う。

全6件中 1 - 6件を表示

中里十の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

君が僕を~どうして空は青いの?~ (ガガガ文庫)はこんな本です

ツイートする