あやかしがたり 4 (ガガガ文庫)

著者 :
制作 : 夏目 義徳 
  • 小学館
4.20
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094512380

作品紹介・あらすじ

いま、ひとつの世が終わりを告げ、新たな世が産声を上げようとしていた-。友であり、好敵手であったふくろうを倒した新之助。ふくろうが命を賭けてまで呪い、この国への侵入を阻止しようとした最強最悪の存在と、新之助との運命の邂逅は、刻一刻と近づいていた。あやかしの存在を拒絶し、人の心を吸い取り、染め尽くす『神の子』とは何者なのか?ましろ、くろえ、新之助たちの最後の闘いが始まり、彼らの旅路は出会いの地、故郷の山手藩で幕を引く。第3回小学館ライトノベル大賞ガガガ大賞受賞作、圧巻のシリーズ完結。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 3は読まずに(借りてる本だから)4を。これでこのシリーズは終わりみたい。ふくろうさんは生きていたのね。神夕は基督教を象徴してるのかな?

全1件中 1 - 1件を表示

あやかしがたり 4 (ガガガ文庫)のその他の作品

渡航の作品

ツイートする