人類は衰退しました: 未確認生物スペシャル (ガガガ文庫)

著者 :
  • 小学館
3.93
  • (17)
  • (25)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 215
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094516326

作品紹介・あらすじ

探検!追跡!目撃者(わたし)は見た!

わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。
地球は妖精さんのものですが、他にも未確認な生き物が
いるらしく……!?少し不思議、そしてすこしせちがらい?
オール書き下ろし「スペシャル」短編集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本編終了後の短編集。
    副題通り、奇々怪々な未確認生物が大量に登場いたします。

  • 何度読み返しても面白い
    わたしちゃんと妖精のかけ合いが良い
    ※わたしちゃん、すっかりバリキャリに
    読んだ感じのゆるさと内容のエグさがよい
    ※アニメで想像つきやすくなっているのがさらに良い

    個人的には未来人の女の子の話が切ない

  • [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    最終巻「おじいさん」が話していた多様性を保つための活動が、この巻の「わたし」の行動になるのだろう。
    この衰退世界には様々な生物が存在していることがよく分かる内藤となっていた。それらの生物は人類が書いた物語に登場するような生物ばかりだが、最終巻を読んでいれば納得のできることばかりだった。
    「よるのぼくじょうものがたり」のエピソードは中々に面白かったが、ミリタリー妖精は可愛かったな。

  • ベテラン調停官の風格が。
    妖精さんも生き生きとしてる。
    彼らが楽しそうなら、なんだかんだで平和なのだ。
    トラブルもいっぱい起こるけど、なんだかんだ楽しいのだ。
    しかし、「わたし」はいったい、いくつまで生きたのだろうな。

  • 本筋完結後ではあるがほぼいつもの
    他の巻とも例にもれず出来不出来差が激しいが
    いつものように良いところは良い

  • 童話(?)パロディ面白かった!

  • 本編完結後の短編集ということで、気軽にサクサク読了。SF要素も短編だとそこまで入り組んだ話にならないので読みやすかった。妖精さんバージョンの童話をもっと読みたい…!
    読み終わってから気付いた。短編集2冊あるけど、こっちが後から出た方だったのか。読む順番逆だったな、、あまり影響は無いだろうけど、こういうの地味に気になるタイプ、、

  • 短編集その2。「じしょう未来人さんについてのおぼえがき」が鳥肌。未来が見えるという少女とのお話で、SFのifを踏まえた〆がかなり秀逸。この作品には☆5。

  • 完全に元ネタありのゆるーい感じのストーリー集。
    本編じゃなくて外伝だからそれもまたありと言う感じか。
    こういう感じで、忘れた頃にまた出していただけるととてもありがたいですなあ。

  • 完結後の短編集。まだまだこういうノリで続けて欲しい。

    本編完結前より随分と気楽なノリに感じるのは、そっちのほうの大ネタが割れた後だからってのもあるし、短編ということであまり話が入り組んでいないせいもあるかも。

    お気楽な文明ギャグから、ちょっと不思議で切ない話まで。時勢にあわせて新作を読んでいきたいシリーズです。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小説家・ゲームシナリオライター。代表作『CROSS†CHANNEL』『人類は衰退しました』『Rewrite』(竜騎士07、都乃河勇人との共著)『ミサイルとプランクトン』など多数。

「2016年 『アウトロー・ワンダーランド 1』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中ロミオの作品

人類は衰退しました: 未確認生物スペシャル (ガガガ文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする