育ちざかりの教え子がやけにエモい (2) (ガガガ文庫)

著者 :
  • 小学館
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094518627

作品紹介・あらすじ

夏の気配と、恋わずらいと

椿屋ひなたが風邪を引いた。

担任として、お隣さんとして、彼女の看病はもはや義務のようなものだ。
だがしかし。体調不良であっても、椿屋ひなたは椿屋ひなたである。

「ねえお兄」
「どうした」
「服、着替えさせて」

……それはさすがにおかしくないか? いや、中学生相手に意識している俺がおかしいのか?

けれど、これはほんの序の口だった。

俺はまだ気付いていなかったのだ。
彼女も、それに他の生徒たちも。中学二年生には、風邪よりよほど罹りやすい病があることを――。

“育ち盛りすぎる中学生”とおくるエモ×尊みラブコメ、第2幕!

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

第16回ファンタジア長編小説大賞佳作を受賞、「ご愁傷さま二ノ宮くん」でデビュー。同「ご愁傷さま二ノ宮くん」及び、「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」にてアニメ化。ラブコメのイメージが強いが、高い筆力でミステリからセカイ系まで幅広く手がけている。

「2017年 『……なんでそんな、ばかなこと聞くの?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木大輔の作品

育ちざかりの教え子がやけにエモい (2) (ガガガ文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×